So-net無料ブログ作成
楽天市場ユーアイビークルさんでのお買い物はコチラのリンクからどうぞ

パンク修理キット [ハイエース]

床を掘り下げて8ナンバー公認を取得した我が家のキャンピングカー

一応掘り下げた床にスペアタイヤを積載可能ですが、重たくなるし、ココを収納庫にしてるのでタイヤは積載していません。
純正の状態だと、ビニール袋にタイヤを入れてここに置き、上に板を置いて収納庫にしています。
jirei0529_21.jpg
ハイエースのスペアタイヤはテンパータイヤではなく、標準タイヤです。

そしてこの掘り下げ部分はシンクの前ですので、法規上はこの掘り下げ部分に立つことで天井高を稼ぎ8ナンバーの要件を満たしています。

テンパータイヤなら小さいし、軽いんでしょうがね。でも商用車のテンパータイヤは見たことありませんね。

そして、最近の車はテンパータイヤさえ装備せずパンク修理剤とコンプレッサーを積載しています。
そこで、うちの車もタイヤを下してパンク修理剤とコンプレッサーを積んでいますが、パンク修理剤はこれまでホルツの市販品を積んでいました。
tire-products.png
しかし、実はこの製品ハイエースのタイヤ 195/80R15 や215/65R16には対応してないんですね。
更に車重2トン以上にも…。
tireweld_3-01.jpg
ということで気持ちの問題で載せてました。
一応スプレーだけでOKですが念のためコンプレッサーも積んでいました。

なかなかチャレンジャーですが、床下掘り下げするビルダーさんはどこもそのようにお話しされています。

今回はヤフオクでメーカー純正のパンク修理キットを購入しました。
11.jpg

届いたのはコチラ
CIMG1068_R.JPG
CIMG1069_R.JPG
コンパクトで質素な袋に入ってます。
kohunsha_ec-img600x450-1488765015krzqwd29245.jpg

中の薬液ボトル
CIMG1070_R.JPG
CIMG1071_R.JPG
CIMG1072_R.JPG

薬液の使用期限は
CIMG1073_R.JPG
2021年6月です。
どうもこの商品は廃車から取り外したものでなく、メーカー純正補修部品の在庫処分のようでした。残りの期限が一定以下になると放出するようで安く買えました!

ちなみにスバル純正品だそうですがヨコハマタイヤのこの製品のOEMだと思います。
http://yokohama-yfc.jp/product/air_lock_old.html
そして、横浜の修理キットは今新世代に生まれ変わったので、こちらは旧製品になります。
http://yokohama-yfc.jp/product/air_lock.html
もしかすると、補修部品も入れ替わって廃盤になったから放出されたのかな?
同じ期限の新品が複数出品されてました。
商品紹介はコチラ

使用方法

簡単ですね。

一応、タイヤサイズも適合範囲内。これで安心です。
nice!(2)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 2

コメント 12

オジジ

こんなパンク修理キットが有るんですね
コンプレッサー代としても買い得でしたね
by オジジ (2017-07-22 16:56) 

ひでき

こんにちは。
納車されてからすぐにタイヤを降ろしました(笑)。
オートバックスに相談したらバンさんと同じような市販品でコンプレッサーと薬品を購入しました。
が!自分は車重まで考えてなかったです 汗。
2トン車に使えるのかな。。。

by ひでき (2017-07-22 18:03) 

yoshi_koma

お久しぶりです。
私の頃(初期?)の床下収納庫はタイヤが入るようにできていないので、最初からホルツのパンク修理剤と足踏み式のポンプをOMCは付けていました。
前車のモビリオもスペアタイヤ無しでパンク修理キットだったので何の疑問もなく載せていましたが、ホルツはハイエースのタイヤに対応してなかったんですね。
それで現在はスペアタイヤを載せられるように床下収納庫を改良したのかな?

パンク修理剤の有効期限が切れたときに調べたら、スプレー式のパンク補修キットで修理したタイヤはタイヤ屋でも修理困難なので新品のタイヤに交換必須と聞いたので、今はメルテックのML331という外側からゴムを埋めるパンク修理キットを積んでます。
幸い今までツアーズワイドでパンクは無いですけど、パンクしたら保険使ってレッカー移動がもしかしたら一番安上がりかもしれませんね。


by yoshi_koma (2017-07-23 18:27) 

バロンパパ

ハイエースワゴンでのパンク経験者の私です。
私の場合は旅先での給油中にパンクしているのに気が付きました。
逆に言えば全くパンクしていたのに気が付かなかった次第です。
パンクに気がついたのがガソリンスタンド・我が愛車は3ナンバーなのでスペアタイヤ搭載なので敷地をかりて安全に交換できましたが、案の定スペアタイヤの空気は抜けて走行不能(納車2年)ガソリンスタンドで空気を充填して近くのタイヤ館にパンク修理に行きました。タイヤの中を見ると修理不可能な位にサイドウォールが損傷して結局のところ買い替えです。LTタイヤ空荷ではパンクに気が付きにくいとメカニックが言っておりました。スペアタイヤは定期的に空気圧を診ないと役に立たないと初めて悟りました。今ではパンク修理キットにホルツのボンベにスペアタイヤとJAFと完璧な体制を整えています。高速道路では絶対にJAFを呼びます。

by バロンパパ (2017-07-23 21:19) 

bankerkon

オジジさん こんばんは
ヤフオクだと事故車とか外したのがたくさん出て、結構お手頃な値段で出てます。
確かに、大陸製の訳が分からんコンプレッサーと比べると安くて良いですよね
by bankerkon (2017-07-23 21:20) 

bankerkon

ひできさん こんばんは
市販品結構高いんですよ。
なので買わずに指加えてましたが、ヤフオクだと結構お安く出てまして、おまけにメーカー純正品やヨコハマタイヤ製だから安心ですよね。
ハイエースは車重あるし、選ぶ時は気を付けないといけませんね。
by bankerkon (2017-07-23 21:23) 

bankerkon

yoshi_komaさん ご無沙汰してます。
確かに、私が購入する直前からスペアタイヤ入れが始まったんですよね。載せてほしいいって要望が多かったらしく。ただ掘り下げた箱の一部がビニール生地なのでイマイチ不安ですよね…。
私が買った時も、。OMCはホルツを勧めてました。対象外ということには気づいてないんじゃ無いですかね。
従業員や経営者、自社製品に乗ってなかったし。最近はどうか知りませんが・・・。
パンク修理、おっしゃるようにホルツ製は中にベタベタ溶液が残り、ゴムのりがつかないし、洗っても落ちないのでパンク修理ができません。
ただ、最近のものはウエスで残りの溶液がふき取れるようになってますので修理可能です。この製品も修理可能です。
ちなみに、私もこういったキット積んでますが、あくまでも最終手段と考えてましてパンク修理キット積んでます。
実は一度、ガソリンスタンドにいた時にネジが刺さりパンクしているのを発見し、自分で駐車場で修理しました。
ピストルいみたいな錐でゴムをねじ込むパイプですね。
但し、あのタイプはゴムのりが乾燥してないか、定期的な感想が必要です。

by bankerkon (2017-07-23 21:32) 

bankerkon

バロンパパさん こんばんは
私もガソリンスタンドでふとタイヤを見ると光るものがあり、ネジが刺さっているのを発見したことがります。
カメラがなかったので記事にしませんでしたが、ガソリンスタンドなのでエア補充が楽なので駐車場で早速確認のためネジ抜いてパンクを確認。(エアのないとこだとあるところまで走るのが得策)流しの台所洗剤塗ってシャボン玉できるかできないかで穴を確認。結局ねじ込み式の修理剤積んでるので修理しました。車載のコンプレッサーじゃ時間かかるし楽ちんでした。
今回の記事の様なパンク修理剤はあくまでも一時しのぎなので、常時パンク修理セット積んでます。
スペアタイヤは空気、車検ごとに見ないとだめですね。半分ぐらいには減ってますから。業者は見てくれないので自分で見ないとだめです。
私が自動車やでバイトしてる時は、入庫した車はサービスで見てあげてましたが、ほぼ全部が空気不足でしたね。
高速道路のパンク。安全に止められるところがないと危ないですよね、胃の位置には代えられませんから。
ただ、安全なところまで走るとタイヤの状態によっては発火もあり得ますからね。
タイヤ、日ごろの点検が大切ですよね


by bankerkon (2017-07-23 21:40) 

ナミHEY

以前カキコミしたものです。

僕のハイエースのタイヤはLT規格ですが、パンク修理キット使ってもいいのでしょうか?
やっぱりエア圧が3.5kも入れてるからダメなんでしょうかね?
燃費の為に少しでも軽くしたいです・・・
by ナミHEY (2017-07-24 16:59) 

bankerkon

ナミHEYさん こんばんは
厳密に言うと、コチラは乗用車用となっています。
実際に使ってませんので責任は持てませんが、どちらにしろ緊急用の短距離用ですから、パンク原因部分を見ながら、薬剤の漏れが大きければ空気圧規定まで上げずに走るのが現実的かと思います。
レクサスなど大きな車も純正採用してますから、あまり不安は感じていません。少なし多くのビルダーが推奨するホルツよりはマシかと。
ちなみに、私は通常のゴム糊を併用し穴に刺すプラグタイプの修理キットも積載してます。高速道路等、応急修理で無ければプラグタイプを優先し使います。なんせ、基本的に修理後も永久に使用可能ですから。(記事で紹介のタイプは200キロまでしかダメなので修理場所までの応急用です。)修理は内貼方式がベストですが、施工がきちんとされていたらプラグタイプでも全く問題ないです。失敗するとしたら、最初思い切って穴を拡げずプラグを挿して奥まで入らないケースですね。

by bankerkon (2017-07-24 21:00) 

DH部

こんばんは

以前新品タイヤのサイドに釘が刺さり修理不能になった事がありました。買って2日でパンクしたので茫然自失でした。
仕方なく手持ちの自転車用シーラントをhttps://www.notubes.com/stan-s-tire-sealant-pint
バルブコアを抜いて500㏄程注射器で注入し空気を入れたら、穴はちゃんと塞がりました。車重が2.2t程ある車でしたが、その後3年間問題無く走る事が出来ました。(賛否はありますが)
ヨコハマのシーラントも中身は自転車用と大差無いかもしれませんね?海外通販サイトを見てると、
https://www.slime.com/us/products/auto/sealants/tire-sealant.php
や、
http://www.joes-no-flats.com/Products/598/Joe%27s-Super-Sealant
などその他色々なシーラントがありますね。国内で買うより安いかもしれません。
by DH部 (2017-07-28 02:38) 

bankerkon

DH部さん こんばんは。
サイドはたわむので、普通の修理方法でも修理NGですが3年ももちましたか!すごいですね。
まぁ。ある程度安全率はあるのでしょうが…。
一説によると、チューブ用とチューブレス用では違うそうですがどうなんでしょうね。
最近の車用は後日のパンク修理時に薬液が、簡単に掃除できるようになってます。昔のやホルツは修理不可(ゴム糊が着かない)です。
海外製は確かに安いし魅力的ですね。
性能も高いですし。

by bankerkon (2017-07-28 21:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

匠オイルはこちらから