So-net無料ブログ作成
↑  ヤフーショッピングの方はコチラから。 楽天の方こちらからショッピングをお楽しみください   ↓ 楽天市場ユーアイビークルさんでのお買い物はコチラのリンクからどうぞ
ハイエース ブログトップ
前の10件 | -

ヘッドライトレンズのくもり [ハイエース]

最近の車。ヘッドライトはほぼ樹脂製。
この樹脂が紫外線で劣化するのか?
洗車機で擦れるのか?
それとも汚れ?

どの車でも古くなると曇りが発生し、透明度が落ちますよね。
昔の様なレンズが切ってあるのなら気になりませんが、今のようにリフレクターに角度がつき、レンズはつるつるの場合とても気になります。

うちの車も洗車しても取れない曇りがあります…。
kumori.JPG
mae.JPG
mae2.JPG

見栄えが悪いのでとりましょう。
でも、わざわざヘッドライト曇除去剤を買うのはもったいない。

そこで活用するのが
CIMG1860_R.JPG
半練ワックス。ちょっとした汚れ落としに便利です。
価格も安い!塗装にも安全で、コンパウンドが入ってますが微細なものなのですので安心です

磨きます
migaku.JPG
migaku2.JPG

あっという間に
ki.JPG
kira.JPG
kiraki.JPG

透明感が戻り、きらきらライトになりました!

更に小ネタ

会社で使ってるデミオ
青空駐車なのと撥水剤処理していないので、フロントガラスに油膜がつき、雨の夜非常に見えにくい状況です。
そこで、よく言われる噂検証しました。

油膜取り。効果があるのは新聞紙でのフロントガラス掃除。
新聞紙が良いのかと思ったら、どうも新聞のインクの油分が油膜を溶かすみたいですね。

実際やってみましたが、確かに油膜が緩和されました。
新聞でゴシゴシフロントガラスを磨いて、そのあと台所用洗剤でフロントガラスを洗うと見えにくい状況が緩和されました。
ハイエースのフロントガラスを新聞で磨くのは大変ですが、急に困ったという時はお試しあれですね。

次はウオッシャータンクにウーロン茶入れようかなぁ…。
来客用のウーロン茶、開封後古くなって処分することがあるので…。
しかし、ペットボトルじゃだめですかねぇ。
そもそもウーロン茶にそんな力があるなら、ダイエットにも効くはずですね
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

タイヤ交換そしてタイヤ上野さんのこだわり [ハイエース]

タイヤ交換です。

そして、交換先はもちろん 世界のタイヤ上野さん
IMG_1580_edited-1_R.jpg
このブログで何度も紹介してますね。
http://www.tireueno.com/価格も頑張っていただけますが、何よりなのはこだわった専門店ならではの技と知識


https://www.goodyear.co.jp/shop/syousai.php?k=9&id=1536

グッドイヤーのお店ですが、その他メーカーのお取り扱いもあります。
ネット通販はされていませんが、電話、FAXにて通販対応していただけます。

別に賄賂を頂いてるわけでもなく、キックバックがあるわけでもなく、お友達だし、社長さんと奥さんの人柄がとてもいい!のでご紹介させていただいておりますので安心です。(ほら、何か見返りがあると悪いこと言えないじゃないですか!)

しかし、実はタイヤ交換したのは私じゃなく、師匠であるSさんです。
当初の画像にも師匠の通称ニコニコ号IMG_1580_edited-1_R.jpg シルバーのNV350が写ってます。

私も栃木県のタイヤ上野さんに一度は行きたいのですが、なかなか・・・。
関東周辺の方が羨ましいです。
さぁ、こだわり見ていきましょう

今回は新品のタイヤとホイールの装着ではなく、これまでつけていたホイールのタイヤ交換です。

ホイールから古いタイヤを外すと ホイールにはフランジ部分にタイヤカスがついてます

特にブレーキの熱が多く生じる重量車やスポーツ車は頑固なスラッジがたくさんついてます
IMG_4857.jpg

このままタイヤを装着しても問題ないケースもありますが、わずかなエア漏れの原因や、バランスの狂いの要因になります。

しかし、コレ 熱で引っ付いているのでなかなか取れないので量販店などではそのままが多いのですが…。
IMG_1588_edited-1_R.jpg
ホイールバランスを取る古い機械にホイールを装着しこの部分のカスをしっかり丁寧に取り除きます。
画像の男性は社長さんです。
男前すぎるのでキラキラ輝いてます。

これでより高精度なバランスが取れますし、不要なウエイトに使用が避けられます。

そして、ホイールのバランスを測定し最も軽いポイントを探しマークします。
IMG_1585_edited-1_R.jpg

ポイントにつけた印とタイヤのマークを合わせます
IMG_1587_edited-1_R.jpg
これで無駄なバランスウエイトの使用が避けられます。

そしてタイヤとホイールにビートクリームを塗ってタイヤを装着
IMG_1586_R.JPG
傷つかないよう保護して丁寧な作業をされていますね。

バランスを取って完了ですが、タイヤ上野さんはこの時点で90g以上のバランスが必要となるタイヤはメーカーに返品するこだわり様
専門店ならではの対応ですね。

装着後はホワイトレターの保護剤をスチームではがします
IMG_1592_edited-1_R.jpg
なんと、この保護剤の材料は石鹸だそうです。

そうして、あの方の愛車は益々進化するのでした…。
IMG_1600_edited-1.jpg
タイヤも替えて、更に泥除けも進化したそうです・・・。
しかし、このホイールかっこいいですわ。メンテナンスも楽でしたし。
私も元に戻したいです…。
先立つものがありませんが・・・
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

パンク修理  & 大文字祭 [ハイエース]

先週、お出かけから帰った翌朝…。

車を見るとリアタイヤの空気が明らかに少ない…。

ということで、パンクしてました。
パンク状態の画像は撮り忘れ…。

しかし、気づいてよかった!気づかずに乗ってたら荷重でビートが痛んで使用不可になっているところでした。
更に我が家はスペアタイヤを積んでないので家で気づいてよかった。

実は以前も外でパンクし、ガソリンスタンドで洗車中に気づき洗車場でセルフ修理しました。
ただ、その時はカメラがなく(ガラケーでしたので)記事にしませんでした。

NASCAR 溝が深く、小石をよく噛むのでちょっと気になってましたが… ついにやっちゃいました。
CIMG1940_R.JPG
原因は建築用のコースレッド
CIMG1941_R.JPG
コイツが刺さってました。

昼間ならタイヤを付けたまま修理するのですが、仕事から帰って夜間に修理しましたのでタイヤを外し家で修理しました。

使用したのはコチラ


安いです。
しかし、詰め物が大きいので結構苦労します。

そこで使いやすいのはコチラ



私は両方車に積んでます。今回のようにゆったり修正できるときは安いものを使用しています。

①修理方法は刺さっている異物を取り除き
②付属のピンでグリグリ穴を広げます。(思い切り広げないと補修材が入りません)
CIMG1943_R.JPG
CIMG1944_R.JPG
奥まで何度も刺して、穴を広げましょう。この時コードを傷つけないように注意。広げないとプラグが入りませんので広げるのがコツです
真っ直ぐ(直角に)さしましょう。
③ピンにゴムのりを塗りまくって穴にゴムのりをつけタイヤを溶かします。
CIMG1945_R.JPG
ゴムのりはみ出して、タイヤに付着してますが・・・。

このあたりから、手にゴムのりがついて撮影しながらの作業が続行不可に…。
④ゴム棒にゴムのりを塗りまくり、穴に突き刺します。
これにかなりの力が要ります。押し込むので
特に穴が小さいと入りません
⑤固まるまで放置したら、はみ出したゴム棒をカットしし終了

完了後は洗剤で空気が漏れてないか確認しましょう
CIMG1948_R.JPG

これで修理は完了!プラグとタイヤのゴムが溶けて溶着しますからタイヤの寿命まで使用OKです。
厳密にはプラグの分バランス崩れるので専門店で自転車と同じ様なパッチを内側から貼っていただく内貼修理がベストですがDIYですしこれで全く問題なし

しかし、画像も少なく中途半端と言うことで、絵がないとわかりませんからメーカーHPからの転載に切り替えます。



http://www.daiji.co.jp/products/product05/ml331
71Il8vc+H1L__SL1200_.jpg
①刺さっているものを抜くと穴の位置がわからなくなることがあるので印を付けます。
71Ewqcz5NuL__SL1500_.jpg

②ピンにゴムのりを塗って挿します。
71YsRyA1f0L__SL1000_.jpg

③抜いたり挿したりして穴を広げるとともに、穴の中にゴムのりを充填します
71x7L-bKm9L__SL1500_.jpg

④ラバースティックをセットし、ゴムのりを塗ります
71KWkWx+5+L__SL1000_.jpg

⑤ラバースティックを突き刺します
71pyGgBdtsL__SL1000_.jpg

⑥奥までしっかり入れますよ
81MEDwE34tL__SL1500_.jpg

⑦ピンを抜いて、固まるまで放置。固まったら余った部分をカットします
81tD9I3HBjL__SL1500_.jpg

その後空気を入れて、洗剤をかけて空気が漏れていないことを確認します。

ちなみに、エーモン製だとセパレーターでゴムを入れるので穴を広げなくても良いし、差し込む作業が簡単です。
614B4pWTEdL.jpg

なんせ、安い修理剤はゴムひも(ラバースティック)を挿すのが大変です。

と、言うことで、パンク修理完了です!

この手のパンク修理キットは横の穴や切れた穴には対応できませんが、釘などの穴だと楽勝です。
また、車載の応急キットだと、使用後にタイヤの内側の薬剤をきれいにしないといけないので、こっちの方が安心です
ちなみに、パンク修理キットの記事はコチラ
http://kon-diet.blog.so-net.ne.jp/2017-07-22

そして、本日5月の最終の土日は 私の近所の大文字祭
窓から大の字が見えます。
写真で取ると小っちゃいですが
CIMG1951_R.JPG
実物は結構大きく見えます。
CIMG1952_R.JPG
うちは盆地にありますが、広島市街から帰る時、峠を越えると見えるんですよね。
こんな感じで
daimonji7073.jpg
出典 http://tousan.uzusionet.com/topphoto/13top/top17.html

しかし、京都の五山送り火と大きく違うのは
CIMG1954_R.JPG
電球なんです。

しかし、おかげで一晩中光ってます。

でも、この大文字も 以前の豪雨災害による山崩れで山頂ぬ向かう電柱が流され、4年間中止されてました。
今回復旧が完了し、久々の大文字。
昔から見慣れてますが、やはり故郷はよいものですね。

この大文字は1739年と1745年にあった大火を教訓に、再び惨事に見舞われないことを祈願し始まりました。高松山(標高339メートル)の山頂付近にある高松神社に、火の神様「ヒノカグツチノカミ」を奉り、「大」の字(縦55メートル、横45メートル)を電球約90個でともし出しています。以前は露店もたくさん出てましたが、今年は露店もおまつりもなく、大の字の点灯のみでした。

地元を流れる、根の谷川のほとりから見るととても味があります。
image_streamer.jpg
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:自動車

エアコンメンテナンス DJエバポレータークリーナー またまた人柱企画 [ハイエース]

さて、暖かくなってきて気になるのがエアコンの臭い

今年もメンテナンスの時期がやってきました。

これまで様々なもの試してきましたが、過去に利用したケミカル品は手に入らないものも多数。

そこで今年はコチラを試してみました。
CIMG1832_R.JPG

トヨタのセカンドブランド ドライブジョイ製ですから、トヨタディーラーでも使ってる品。安心感は格段に違います。
ドライブジョイはトヨタ自動車80% デンソーとアイシン精機が10%ずつ保有する会社タクティが展開するブランドです。
デンソーとアイシン精機もトヨタ子会社ですから、バリバリトヨタグループで、ドライブジョイとトヨタ純正オイルキャッスルをトヨタ部品共販で販売してます。

なのでこの薬剤 ちゃんとトヨタの部品番号があります。V9354-0006 

定価は3,500円ほど。
おそらくディーラーで施工すれば5,000円超えるのではないかと…。
なので、効果はソコソコ期待できるかなぁと。

ちなみに、日産も日産のセカンドブランド PITWORKでエバポレータークリーナを発売してます

部品番号 KA401-18090
コチラは床下のドレンホースから薬液を注入するタイプですのでより効果が期待されますがちょっとお高いのと、床下に潜る必要があります。

このほか、PITWORKはDJと同じようなスプレータイプも販売してます。
品番 KA401-06050

PITWORKはOEMが多く、WAKO'SのフューエルワンのOEM品もあり、こちらは本家ワコーズよりも安く販売されていることがあります。

また、DJもスプレータイプのほか、よくホームセンターで売っている燻蒸タイプも販売してます。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

除菌・消臭燻(防錆剤配合)/V9354-0003
価格:2031円(税込、送料別) (2018/5/5時点)




今回は安くて効果のありそうで、これまで使用していないDJのスプレータイプをやりました。

蓋に付属品が収納されてます
CIMG1833_R.JPG

付属品はコチラ
CIMG1835_R.JPG
注入用ホース
ホースを固定するプラスチック板(手前の紺色の物体 下側)
消臭剤BOX(手前の紺色の物体 上側)
消臭剤(説明書の左 銀のパッケージ)
説明書
以上になります。

施工場所はエアコンフィルターの下、ブロアファンの部分ですので、ハイエースの場合グローブボックスのこの部分です
CIMG1836_R.JPG

フィルターを外してファンに向け吹き付けますので、その準備でフィルターを取り出しますが…。
フィルターには桜の花びらや、とんどの煤など、たくさんのごみが…。
CIMG1837_R.JPG
CIMG1838_R.JPG
かなり汚いので、フィルターも交換です

しかし、埃だけでなく、こんな大きなものまで吸い込んでるんですね。
純正の状態だとフィルターのついてないハイエース 怖いですね。

吹き出し口のホースを固定金具にセットし、
CIMG1839_R.JPG
エアコンに貼り付けます。ちゃんと両面テープもついてて親切ですよね

ハイエースは、この部分に保持板を貼り付けました。
CIMG1843_R.JPG

また、この製品はブロアの力でエバポレーターに薬剤を届けるので、ホースをシロッコファンの真ん中あたりに設置するのがポイントです
CIMG1844_R.JPG

内気循環、エアコンオフ、風量最大、温度最低の状態でスプレーを押して全量排出します。
CIMG1845_R.JPG
スプレーは強く押すと出っ放しになる構造です
CIMG1842_R.JPGCIMG1842_R.JPG

この状況で3分待機

3分経過後はエアコンスイッチをONにして5分運転します。
この5分でエバポレーターに着いた汚れを洗い流すそうです。

最後に消臭剤を容器にセットし
CIMG1846_R.JPG

貼付てグローブボックスを元に戻せばOK
CIMG1847_R.JPG

終了後は臭いがなくなり、清々しい車内になりますが、最初はかなりケミカル臭がします。
しかし、しばらくすれば(1日程度)気にならなくなります。

これでこれからの梅雨、夏とも快適に過ごせそうです
nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:自動車

HID交換 その③ 今回は交換作業を詳しく(あ、少しだけ詳しく) [ハイエース]

片側のみ交換して走りましたので、いよいよ助手席側も交換です。

その前に、スマホの画面が割れました。
撮りためた写真も…

ポケットに入れてたら画面が真っ黒に・・・。
外側の画面は割れてないのに、内側の液晶が割れてるようです。
line_1524325758989_R.jpg
トホホ まぁ、税込8618円の格安スマホでしたから仕方ないかぁ。

急きょ、楽天モバイル機種変更でZenfone4 MAX買いました。15,820円でしたがもったいなー。
安いからおサイフケータイはないけどサクサク動いて快適です
img-device-00.png
気を取り直して、ライトの交換記事に入りましょう!

路面を照らしている状況
写真では結構白っぽく映ってますが、実物はかなり黄色がかったというか、電球っぽい色です。
P_20180430_222526_R.jpg
HIDは点灯直後ぱっと白く一瞬明るくなって、その後少し暗くなって少しずつ明るくなります。
この製品は点灯直後は真っ白が明るさを増すごとにだんだん路面の色が黄色っぽくなる感じですね。
外から見た目はそんなに黄色くないです。高ケルビンのような真っ白じゃないですが…。

しかし、雨の日はよく見えます。後半に雨の日の写真載せますが…。
おそらく雪の日も良く見えるでしょう。さすが純正色
それでも見た目は写真通り白っぽい色ですね。

交換後の感想
明るくなりました。新車納車時の時のように、照らしてる部分と照らしてない部分がはっきりしてます
明るいので、落差がはっきりしたんだと思います。
この感覚が懐かしい。
カットラインもはっきり出てますよ。純正対応品だから当たり前ですが。
いつの間にか路面に移る部分のカットラインの明暗の差が薄くなってましたがそれもよりはっきりになりました…。

それでは取付作業に移りましょう
今回の作業時間は15分。

結局今回もバンパーを外さずに交換作業しました。

意外と簡単ですので、みなさんもぜひチャレンジを!
さて、まずは養生から始めましょう

ライト回り。特にライト下側は入念に養生します
P_20180430_093252_R.jpg
バンパーから少しライトにもかぶせて貼り、あとから内貼り外しでライトとの間にテープをもぐりこませ、ライト下も十分に養生してあげるのがポイントです
P_20180430_093316_R.jpg

こんな感じで養生しました
P_20180430_093550_R.jpg
P_20180430_093553_R.jpg

次に、フロントグリルを外しますが、こちらは前回記事をご参照ください。(今回は割愛します)
http://kon-diet.blog.so-net.ne.jp/2018-04-29

ライトは、ネジ2本を外しますが、ネジはすぐ見えるところにあります。10㎜のレンチで外します
コチラも、前回記事をご覧ください。
http://kon-diet.blog.so-net.ne.jp/2018-04-29

前回、記事にしませんでしたがポイントはこちら
P_20180430_093935_R.jpg
ライトのすぐ横にあるバンパーの固定フックをバンパーカバーを手前に引いて一度外してやることです
P_20180430_093958_R.jpg
これで作業が格段にやりやすくなります。

その後、ドアの隙間に指を入れライト全体を手前に引き出せばライトは簡単に外れます。
P_20180430_094151_R.jpg
矢印部分が刺さってますのでそこを手前に引く抜き感じですね
しかし、汚いですね。青空駐車場だし、少し左に傾いてるので屋根の水がすべてここにながれて、苔みたいなのが生えてます
右と左で汚さ大違い。
お掃除したかったけど、交換時は水が使える環境になかったので後日お掃除しました。

ちなみに、外れますと言っても、完全に外すのではなく、手前に傾ける程度でライト交換するスペースは確保可能。
外さずに作業します(だから養生が大切ですね)
P_20180430_094139_R.jpg
こんな状態に引き出します。

これぐらい作業空間があれば作業は十分可能です
P_20180430_094218_R.jpg

交換するライトはフタでしっかり保護されていますので、蓋を外す必要があります。
蓋はひねるだけで外れますが、かなり強く締まってますので力を入れて回さなければいけません。
しかし、蓋には突起があるので、この突起を押せば悩む必要はありません
P_20180430_094147_R.jpg

蓋捻って外しました
内側はこんな感じ
P_20180430_094248_R.jpg
しっかり防水されてます
外側はこんな感じ
突起が良くわかります
P_20180430_095120_R.jpg

蓋を外すと、コネクターを外します。ハロゲンと違うのは、ハロゲンはまっすぐ後ろに引き抜くのに対し、HIDのコネクターは30度ぐらいまわします。そんなに力を入れなくてもすぐに回りますので、矢印の金属部分を持ってひねりましょう
P_20180430_094302_R.jpg

捻ったら真後ろに引くと、あっけなく外れます
P_20180430_094321_R.jpg

コネクターが外れたら、これまたハロゲンと同じように針金で電球が固定されているので、針金をはずします、
左右2か所あるので2か所外しましょう
上の部分をおさえて、右は右に、左は左にスライドすれば針金は手前に外れます
P_20180430_094417_R.jpg
しかし、汚いですね。
車庫が少し左に傾いているので雨水がすべてここに垂れてるんですが、そのせいか藻みたいなのがついてます


外れた状態がコチラ
P_20180430_094524_R.jpg

外したライトはこんな感じですね

HARISONとありますがMADE IN JAPANとなってます。東芝製らしいです
P_20180430_094611_R.jpg

P_20180430_094617_R.jpg

ちなみに電球は棒がある方が下側になりますよ

新旧電気の比較はこんな感じ
P_20180430_094655_R.jpg
P_20180430_094712_R.jpg
純正の方がレンズ部分が青いです。

尚、手の油が電球のガラス部分につくとその部分だけ異常加熱し破損しますので、電球は絶対に触ってはいけません
注意が必要です。

取り付けた画像はコチラ
P_20180430_094843_R.jpg
固定する前に点灯確認しましょう。

蓋を付けたらこんな感じですね。

取付後は元の状態にライトを押し込みます。
P_20180430_095229_R.jpg
P_20180430_095234_R.jpg
これで完了です。

ちなみに、前回メールでクリップについて質問がありました。
使用しているクリップはこんな感じです
P_20180430_095934_R.jpg
P_20180430_095939_R.jpg
真ん中部分が中に入ることで、先が広がって固定する構造です
P_20180430_095947_R.jpg
P_20180430_100001_R.jpg

パッケージはこんな感じ
P_20180430_100401_R.jpgP_20180430_100407_R.jpg
P_20180430_100414_R.jpg
P_20180430_100418_R.jpg

メーカーホームページでも従来品との明るさの違いが表示されてます
z6SzBccn.jpg
dkyItx0M.jpg

運転が楽になりました!

両方交換後の走行画像です
P_20180430_222526_R.jpg
ヘッドライトのみ
P_20180430_222509_R.jpg
ふぉぐらんぷ点灯
P_20180430_222509_R.jpg

そして雨天時の画像
P_20180502_210445_R.jpg
P_20180502_210447_R.jpg
フォグランプ点灯した画像
P_20180502_210505_R.jpg

狭い道で、フォグを消した状況
P_20180502_210731_R.jpg

雨でもしっかり見えます。

交換バルブどれにするかはこちらの記事をご参照ください
http://kon-diet.blog.so-net.ne.jp/2018-04-07




値下がりしてますね・・・。
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

HID交換その② [ハイエース]

さて、HID交換作業に入りましょう。

用意するのは10ミリのレンチ、内張ハガシ×2(マイナスドライバーで代用可)、養生テープのみです。

今回はバンパーをはずさない方法でチャレンジです。

ライト裏のスペースがとても狭く、セダンのように裏蓋だけ開けて電球交換ができませんので、ライトのとりはずしを行います。
ライトをはずす方法は説明書に記載されてます。ただし記載されているのはハロゲン仕様である点にご注意)

もともとHIDは高電圧で放電させて光るしくみであり、感電防止のためユーザーの電球交換は想定していません。

但し、基本は同じなのでそのまま進みます。

と、言うことでメーカーの推奨外の整備ですので自己責任でお願いします。


尚、メーカー整備書はバンパーカバーを外しての作業としています。
しかし、横着なbankerkonはバンパーカバーを外さずに作業をします。

先ずはフロントグリルの取り外しです。
ネジ2本とクリップ4つで止められています。
画像の赤丸部分ですね。
DSC_0515_R.jpg
クリップは凹みの部分にクリップ外しを差し(マイナスドライバーで代用可)中心の部分をもち上げたら簡単に外れます。
また、このタイプのクリップは取り外してもほとんど痛まないので再使用が可能です。
DSC_0516_R.jpg
両方の凹みにSSTをさし
DSC_0519_R.jpg
真ん中を持ち上げ引き抜きます。
DSC_0518_R.jpg
さらにネジ2本を外せばかんたんに外せますがその前に養生テープでバンパーの養生をしておきます。ライトもフロントグリルも手前に引き出しますからその部分に張ります。
DSC_0524_R.jpg
グリルは簡単に外れますが、うちの車はグリル内に防水LEDテーブでイルミをつけてるので、忘れずに防水コネクターを外します。
DSC_0513_R.jpgDSC_0523_R.jpg

フロントグリルもヘッドランプも手前に引き出すので、バンパーに傷がつかないよう養生が必要です。
養生テープが便利ですね。(ダイソーの養生テープは少し幅が狭いです)
DSC_0526_R.jpg
DSC_0527_R.jpg

フロントグリルはこのような爪でささっています。
DSC_0530_R.jpg
次にヘッドライト。ネジ2本を外します。
DSC_0529_R.jpg

ヘッドライトはネジ2本を外すと、この部分に手を入れ手前に引き出すと外れます・
DSC_0532_R.jpg

整備書はこうなってます
CCF_000137.jpg
CCF_000134.jpg
CCF_000135.jpg
CCF_000133.jpg

で、コレで外れるはずでしたが・・・。
ライトの下側のでっぱりがバンパー下に入るようになってまして、そいつがパズルのようになって引っかかってます。
ここでTIME UP
仕切り直しです。

この日は地面がぬれてたので下からの確認が出来ずペンディング

その後 日を改めて下側からのぞいてライトとバンパーの関係を見ました
で、再チャレンジです

先日と同じ手順でネジを外してライトの取り外しにかかります。

いんぐりもんぐりで、こんな感じでライトを下に向けるように作業空間を確保します。
AS01M_20180422_162809_R.jpg

但し、その前にウインカーの線が邪魔なので、ウインカーをコネクターから外しておきます。
AS01M_20180422_163424_R.jpg

こんな感じで裏の防水蓋を外します。
防水蓋はコチラをご参考に
ただ、基本的に捻るだけです。
CCF_000133.jpg
今回は忙しかったので時間がなく、短期間だったので画像撮る暇がなく
ふた外すとこ撮ってません

交換の仕方は電球付属のこの説明書に詳しく
CCF_000138_R.jpg

普通の電球と違うのはゴムパッキンのついたプラスチックの裏蓋で密封しっかりされてるとこです。
その蓋をねじって外し、金属できた(おおわれてる)コネクターをひねってはずします。

こんな感じで蓋を外すとコネクターついてます
AS01M_20180422_163412_R.jpg

このコネクターをひねってはずしたあと、ハロゲンと同じような針金のような金具を外してライトを外します。
画像は外したライトをもう一度コネクターにつけてます
AS01M_20180422_162820_R.jpg
次回、助手席側をやるときにはちゃんと写真撮りたいのですが、どうなることやら・・・

ところでコネクターはこんな感じ
AS01M_20180422_162922_R.jpg

実は比較するために今回は運転席側のみ変えました。

まさに人柱です。

点灯した感じはコチラ
AS01M_20180422_170223_R.jpg
AS01M_20180422_170243_R.jpg
コチラが今回変えた方
AS01M_20180422_170231_R.jpg
コチラは替えてない助手席側
AS01M_20180422_170237_R.jpg

昼間見ると、正直あまり変わらないような…

夜間点灯映像はコチラ
CIMG1821_R.JPG
CIMG1822_R.JPG
写真じゃわかりにくそうですが、運転席の方が明るいのわかりますか?
そして、夜間の路面を照らした画像
CIMG1826_R.JPG
明らかに運転席側の方が明るいですよね?
壁に映した画像はコチラ
CIMG1828_R.JPG

運転していてもかなり明るくなりました。
これで次回は助手席側も交換します。

助手席交換時は替え方をもっと詳しく記事にします。

そして、今回変えたランプがコチラ
AS01M_20180422_162928_R.jpg

AS01M_20180422_162935_R.jpg




1年保証がついてるのですが…。
CCF_000140_R.jpg
CCF_000139_R.jpg
保証を受けるためにはディーラーか自動車修理工場で交換が条件と書かれています。

残念ですね。
走行中に撮った画像はこんな感じ
P_20180428_224730.jpg
P_20180428_224735_002.jpg
希望したとはいえ、黄色いですね。

確実に明るくはなってますが…。白くはないです。もう少し白くても良かったかな
しかし、明るさは、すぐにわかるような光り方です。

交換まだな方、是非交換をご検討ください。
体感可能です
ホント、こんなに明るくなるとは思いませんでした!


nice!(3)  コメント(10) 
共通テーマ:自動車

タイヤ上野さんのアフターサービス やはり専門店で! [ハイエース]

先日記事にした スタッドレスホイールのセンターキャップ破損

早速、購入先のタイヤ上野さんに相談したところ、メーカーに部品を依頼していただけるとのこと。
こういった補修部品、儲からないし面倒だからなかなか対応してくれないお店、実は多いんですよね。
と、言うことで早速届きました。
P_20180428_061048_R.jpg
右の小箱が補修部品

左のカラビナはまたまたおまけ頂いちゃいまして…。

商品はコチラ
P_20180428_061114_R.jpg

これで、センターキャップなしで走らなくて済みそうです。

タイヤ購入時は是非ご検討ください。通販対応可能です。
私のブログを見たと問合せをされると、価格も頑張っていただけます。
タイヤ上野さん

イーグルショップ栃木店  有限会社 タイヤ上野
http://www.tireueno.com/info.html
〒328-0053 栃木県栃木市片柳町4-14-16
Tel.0282-22-1563 Fax.0282-22-1963
営業時間
10:00~19:00
定休日
不定休



と、いうことで今日からGW
私は今日は芝刈りに行きます。

ライトの交換記事、写真をがんばって整理し記事にしてますので、連休前半には記事にUPしますね!
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:自動車

タイヤ交換   [ハイエース]

HIDネタ、交換しましたがちょっと別の話題で。。。

タイヤ変えました。

しかし、今回交換して気付いたのが…。
CIMG1786_R.JPG
センターキャップの爪を割ってしまいました。
装着したときかなぁ…。

締付はトルクレンチで
ハイエースは 100Nです
CIMG1788_R.JPG
そして使用後は必ずメモリをゼロにしましょうね。
CIMG1799_R.JPG

交換にはフロアジャッキを使用
本来は黄色丸のデフにジャッキを掛ければ1回で済みますが、うちはデフの後ろに掘り下げBOXがついてるので、手が届きませんから純正位置のリーフ部分でジャッキアップします・
CIMG1794_R.JPG

しかし、変えると雪が降りまして…。
DSC_0478_R.jpg
久々にノーマルタイヤでの雪道走行。
DSC_0482_R.jpg
DSC_0484_R.jpg
フロントガラスも雪だらけ
DSC_0486_R.jpg
しかし春の雪は水分多く
DSC_0488_R.jpg

普通に交換しました

NASCARはまだ新しいし、溝も深いし、排雪性が良いみたいでチェーン巻かずに難なくクリアしました。

ところで、NASCAR 雨の時ABSが作動するのに、スタッドレスはABSほぼ作動しません。
何故かと思いましたが、タイヤ交換してわかりました。
CIMG1795_R.JPG
CIMG1797_R.JPG
接地面積スタッドレスの方が大きいですね。この違いですね。
しかし見た目は太さも違いますね。
CIMG1797_R.JPG
そんなこんなでタイヤ交換終了

nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:自動車

人柱企画 純正HID交換 その① [ハイエース]

すっかり、娘の受験に浸ってる間、アクセスはどんどん減少。

so-netブログランキングも大幅に低下。

自動車部門ランキング3位をキープしておりましたがいつの間にやらランク外の26位へ…。

落ち着いてきましたから ハイエースネタに戻ります。
これを械会にブログ引越もありかなぁ…などとも考えております。

と、いいつつも今後も松江へのお出かけネタが入ると思います。

さて、さてそれでは本題に。今回ネタは純正HIDの交換メンテナンスです。


HID 安物は点灯しなくなりますが、純正など高価なHIDはだんだん暗くなり、照度不足で寿命を迎えると言われています。
FETのHPでは以下の通り解説されてます。

標準的なHIDバルブ(純正色:約4500K)の寿命は約2000時間。1日2時間使用した場合、3年間がバルブ交換の目安です。HIDは徐々にその性能(=明るさ)が低下するため、使用している本人にはわかりにくいのですが、寿命を超えたバルブは、新しいものと比較して約70%の明るさになっています。また当社では、色温度(ケルビン値)が高いタイプのバルブ(約5000K以上)において、色温度が85%以下になった場合も、そのバルブの性能が十分に出ていないと考えており、その目安は約1500時間です。 HIDならではの明るさと輝きを活かすため、早めのバルブ交換をおすすめします。
jumyou3_img.gif
jumyou2.jpg
出典:FET HP  http://www.fet-japan.co.jp/catz/support/faq/hid_faq_c03.html


と、言うことで、うちの車は6年選手。
もうとっくにHIDの寿命が来てるはず。確かに、松江往復してると暗いんですよね…。

そこでいろいろ悩みました。

安物HIDは評判がイマイチ。数日で使用不能になるものや、左右で明るさや色が違うものまで。
初期不良は対応してるみたいですがハイエースはフロントグリルを外し、ライトを外して交換するので、あまり短い期間で交換するのも…。

そして、安物は紫外線対策がされてないものがあり、これをつけるとレンズが焼けて曇ってしまい交換が必要になることも…。
ミラでバラスト付約3千円の激安品で体験済みです。
http://kon-diet.blog.so-net.ne.jp/2016-07-17
ミラは交換用の中古ヘッドライトも2~3千円程度でしたがハイエースはそういうわけに行きません。
外側の曇りは磨けば良いですが内側は磨けませんから。


ということで候補を絞りました。

ハイエース純正HIDの交換バルではH4Rです。
コイツはトヨタとダイハツのリフレクタ一式専用なので専用品は少ないです。




純正納入はしてませんが、フォグランプ等実績在りで信頼のFET そしてこの価格
6000Kと6300Kの選択が可能
6千台だと純正くらべてかなり白いHIDですね
ドレスアップ重視だと価格的にもかなり魅力。
直販サイト限定でパッケージも紙を使うなどでコストダウンしてるらしいです。
これも人柱好適品ですね。
しかし、あんまり白いと雨や雪の日見えないんですよね。見た目はカッコ良いですが。
既にアラフィフで怪しくなった私には厳しいかも。
ちなみに6000K の白さはこんな感じです。
画像もFET楽天市場店より拝借
02.jpg
img62282254.jpg


ちなみに、先にも書きましたがハイエースの電球種別はD4Rになります。専用品出してるメーカーは少なく、大半はD4Sとの共用品になります。
D4RとD4Sの違いはコチラで詳しく解説されてます
http://www.sp.koito.co.jp/goods/hidwb/basic.html
小糸製作所HPです。
hidb_graph.gif

D2は水銀を使ってますが、D4は環境対応のため水銀を使っていません。口金が違うので互換性はありません。
hidb_img01.jpg



安心の小糸製作所製 純正品質です。
明るさも4200Kで真っ白ではないから、雪道や雨天の際も走りやすそう!
価格も手ごろだし、こちらも1年保証付き
純正よりもハイパワーで明るくなっているということです。
dkyItx0M.jpg
z6SzBccn.jpg
明るさも3200ルーメンとかなり明るいです。
しかし、純正より安くてあかるいと言うことは、何かを犠牲にしているはず。考えられるは耐久性?
しかし、天下の小糸ですからあまり無茶はしてないはず。
もしかして、こちらも人柱好適品かも。



コチラは安いのに意外と評価の良い信玄HID

価格は、KOITOやIPFの約半分!
魅力的ですが、評価見てみるといいものと悪いものが共存。個体により品質にばらつき(当たりはずれ)があるような感じです…。
なので純正品のように徐々に照度低下し、車検で光量不足で交換…とはいかないようです。




そして、光物と言えばヴァレンティでしょ。ってことで、ヴァレンティも純正交換HIDを出しています。
それも価格もなかなか安い! VIPカー御用達のヴァレンティ
しかし、コイツは2300ルーメンと少し暗いんですね。
val02929132d01_3.jpg
小糸製は3200ルーメンだし。
白さが強くなると、やはり照度が落ちるんでしょうかね。

そして、次なる候補は


こちらも純正供給のフィリップス製。
そして6200Kだから白いやつですね。
imgrc0061892903.jpg
でも、よく見るとこちらも明るさは2,300ルーメンと少し暗め。
でも3年保証がついて安心です。
さらに、リンクのところはアウトレット品ということで箱のつぶれがあるということで激安になってます。
同じフィリップスでも通常は1万円以上
しかし、フィリップス製は偽物も多いと言う話だし…。

さらに、2千円程度からいろいろあるなかで悩んだ末、今回の人柱企画で選んだのは
小糸工業製のこちらにしました。
lRerjMpU.jpg
純正と同じ色で2割ほど明るさをUPさせてます・

確かに、白に近い、ケルビン数が高い方がかっこいいのでしょうが、やはり降雪地を走るのでケルビン数の低い、多少黄色が買った方が目には優しいです。
でも、こちらの品保証は1年しかないんですよね。フィリップスの3分の1
しかし、フィリップスは偽物多いって言いますしね・

交換作業の記事はまた次回ということで、今回はこれにて!

ちなみに、ご購入は画像をクリックしリンクからお進みください。
人柱資金の足しになります

そして、娘のところに泊まり込んでる奥様からのLINEが…。
娘、自転車で楽しく学校に行ってるそうです。ベランダからの画像ですが
父さん 涙ちょちょぎれます・
7207_R.jpg


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:自動車

エンジンルームでクッキング? 猫バンバン [ハイエース]

前回記事のオイル交換

オイル交換と同時に、パワステオイルの点検を行った際にあるものを発見

よーくご覧ください。

パワステタンクの後ろに何かが…。
CIMG1695_R.JPG
見えませんか?

ほら、
CIMG1696_R.JPG

ほらっ、ホラッ
CIMG1697_R.JPG

取り出してみたら
CIMG1698_R.JPG
干し梅みたいにカチカチになった柿
CIMG1699_R.JPG

フリーズドライ並みに完全に水分の飛んだ柿です、
完全に水分飛んでますから石のようです。
庭に放置してましたがカチカチ

後日車で踏んだら宝石のように粉々に崩れました。ピカピカに宝石のように光ってました

なぜ、こんなところに柿の実が…。

考えられるのはネコか野生動物

冬の間、走行後のエンジンは暖かい。
以前、野良猫がオイルパン横のアンダーカバーに逃げ込むのを見たことがあります。

場所から考えて(サイズ)いたちかなあ
きっと食物を隠したのだと…。

しかし、ごらんの通りベルトの横。エンジンかける時に動物がいるとミンチが出来上がるはず。
注意が必要ですね。

それとも秋に我が家の柿をとった私がわざわざ置いた?
だとしたら若年性アルツハイマーですな。

この週末は引越でした.ベツトにして荷物を積んだら.楽勝でした。
ヤハリ,バンコンの積載力はすごいですねー。
貨物車並です

明日が入学式なので,今日は妻と娘を置いてー人で帰ります。
しばらく独身生活です。

私も入学式に出たいところですが、明日は入社式なので私の部署に来る新入生を入社式から連れて帰らないといけません.
こればかりは代役不可でして。
今年はうちの部署の新入社員は2人。
明日初めて会いますがどんな子なんでしょうね。
入学式は残念ですが、今年は新入社員優しく見守れそうです。

しかし、しばらく受験でサボったら、so-netブログのランクも下がってますね。

夏タイヤに戻して燃費もかなりUpしました。

nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:自動車
前の10件 | - ハイエース ブログトップ
匠オイルはこちらから