So-net無料ブログ作成
楽天市場ユーアイビークルさんでのお買い物はコチラのリンクからどうぞ

デフオイル交換

本日はデフオイルの交換記事です。

と、言ってもハイエースではなく、ミラL710Sの交換です。

うちのミラは四駆です。

軽自動車はデフがかなり後ろにあるので交換は簡単。
先ずは、デフオイルの注入用ボルト(黄色の丸印)を外します。
CIMG1441_R.JPG
コレが外れることを確認したら、ドレンを外します。(水色の丸印)
この順番を間違えて、万が一注入口が固着して開かないなんてことになると悲劇です。
実際、注入口はボルトの頭が薄いし、硬いし開けるのに苦労しました。
レンチの頭を手で押さえ、奥まで差し込んだ状態でレンチの柄をプラハンで叩いて何とか開きました。
CIMG1447_R.JPG
こんな風に挿して、頭を抑えて回さないと、薄いのでソケットレンチが外れてなめちゃいます。

注入口外し、ドレンを外しましたよ
CIMG1448_R.JPG

垂れてきたオイルは意外にもきれいでした。
CIMG1450_R.JPG

ナットの頭も特に鉄粉等もありませんでした。
薄ーい膜があった程度ですね。
CIMG1451_R.JPG
CIMG1452_R.JPG

さて、注入作業に入りましょう。
デフオイルは粘度があるので灯油ポンプを使って入れると便利ですが、ミラは容量も少なく1リットル程度ですので画像のオイル差しを先端をカットし穴を太くして使いました。
CIMG1453_R.JPG

オイル差しへの注入は中の空気を抜いて吸い上げる方法で入れました
CIMG1454_R.JPG

そして、ブチューと入れますが…
CIMG1457_R.JPG
手前のサスペンションのロッドが邪魔して入れにくかったです。

センターデフはコチラになります。
CIMG1442_R.JPG
赤丸がドレン
注入口はもっと上で写せませんでした・・・。

効果は。。。体感できませんでした


nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:自動車
匠オイルはこちらから