So-net無料ブログ作成

SWおでかけ 大山登山 [キャンピングカー おでかけ]

世間はシルバーウィークでした。もしかして今週末までお休みの人もいるのでは?
皆さんもお出掛けされましたか?
西日本は好天に恵まれお出かけ日和でした。

我が家は娘の学校の関係で奥様が連休の中日に2日間出かけられないってことで、今回は家族でのお出かけを断念。

私は会社の山ガールと中国地方最高峰 大山登山へ行ってきました。
早朝の登山開始に向け、前日から大山入り。
山ガールは民宿へ、私は車中泊でした。

午後に家を出て、夕方麓へ到着。
その日の夕食に向かったお店は国道181号線沿いの
台湾料理 瑞祥
CIMG5200_R.JPG
980円の定食を食べましたが、画像を撮り忘れたのが悔やまれるほどの大盛料理
通常の単品1人前の量の八宝菜、少し押さえつけ気味のごはん、スープ、漬物、フツーに1人前の台湾ラーメン、ゲンコツ大のから揚げ、杏仁豆腐
同行者はチンジャオロース定食でしたが、コチラはラーメンがない代わりに固められた山盛りご飯
写真を撮り忘れたのが悔やまれます。いつも撮る前に食べちゃうんですよね。

ここのお店、我々の隣のお客さんが頼んだ単品の唐揚なんて ゲンコツ大のから揚げが山盛り。
その隣は冷麺セットですが、冷麺普通に1人前と普通のどんぶりサイズのご飯に山盛り回鍋肉

もう笑うしかない状況…。味はラーメンはイマイチ(同行者は美味しいとの談でした)、そのほかは大変おいしかったし、から揚げは絶品。みんな大満足。
次回もまた来れる様名刺もゲット
CIMG5345_R.JPG
CIMG5346_R.JPG

山ガール達はもちろん食べきれず撃沈…。明日の山行は大丈夫なのか…。

食事後は車中泊場所へ
今夜の車中泊予定地はモンベル大山店すぐ近く、大山寺橋のたもとにある南光河原駐車場です。



コチラは、トイレもあり、大山夏山登山道もすぐ近く、また川沿いで雰囲気もよくいつも米子近辺で車中泊する時は利用している駐車場です。但し、利用可能台数は58台と少なく、満車の時は待っても無駄なので、大山寺参道の旅館街下の博労座駐車場が広くておすすめです。(県外ナンバーの車が良く待ってますが…)

到着時は19時前でしたがすでに7割ほど埋まってました。
駐車場の奥はかなり傾斜があり、お勧めは入口付近、トイレの反対側ですが、入口付近は車道に近いのとトイレに近いのでうるさいのが苦手な方にはおすすめできません。車は夜間はあまり通りませんが夜明け前からご来光を拝みたい登山者が登り始めますからね。

いつも我が家が泊まる、入口モンベル側の平坦な駐車枠が空いており、すかさずそこへ止めます。

CIMG5211_R.JPG
すぐ向こうはモンベルです
CIMG5207_R.JPG

大山寺橋からは米子市内の夜景も見られます
CIMG5209_R.JPG

寝場所を確保したら次はお風呂。
数年前までは大山寺近辺には温泉はなく、近くの旅館のお風呂に入ってましたが、近くに温泉が出来たとのことで、そちらへ徒歩で移動します。(徒歩3分ぐらい?湯上りの火照った体に最適の距離でした)
向かったお風呂は
”大山火の神岳温泉 豪円湯院”です。なんか豪円湯院だけ聞くとソー〇プランドみたいな名前ですが、ちゃんとした温泉でした。
http://www.goenyuin.com/
CCF20150922_0003_R.jpg
CCF20150922_0002_R.jpg

鳥取県西伯郡大山町大山25番地
TEL:0859-48-6801
営業時間 平日 11:00~20:00(最終受付19:30) ただし土曜日・祝前日は20:30まで(最終受付20:00)
※レストランは11:00~20:00(ラストオーダー19:30)
入浴料は大人600円 小学生未満200円です。
ココは地下1200mからくみ上げる冷泉ですが、酸化還元電位の値が非常に低く、天然で-320mVの数字は日本最大級だそうです。 還元力が高い”抗酸化”と共に、疲労回復が期待できるそうなのでしっかり堪能します。
尚、なぜか中途半端に、バスタオルは別料金ですがタオルを貸してくれます。シャンプーリンス、ボディーソープは備え付けがありますが、私が座った洗い場はボディーシャンプーがカラでした。
この酸化還元水を活用した豆腐も販売されており、試食したところおいしかったので購入して帰りました。
1個180円 3個 500円と、観光地にしてはリーズナブルな価格でした。

さぁ、いよいよ翌朝 6時に登山開始です。
5合目 元気です
CIMG5212_R.JPG

6合目避難小屋 元気です
CIMG5215_R.JPG
ただ、人が多いですよね。さすがSWです。
と、思ったら実はこれは序の口でした…。

途中からは境港の方角に弓ヶ浜もきれいに見えて、とても楽しく登ります
CIMG5228_R.JPG

どんどん標高を稼ぎます
CIMG5235_R.JPG

8合目を過ぎたあたりからは木道を進みます。
CIMG5237_R.JPG
CIMG5242_R.JPG

頂上には避難小屋と売店があります。
CIMG5243_R.JPG
トイレは人で大混雑でした

山頂看板です。
CIMG5249_R.JPG
山頂からの景色は
日本海側の景色
CIMG5246_R.JPG
反対側 雲海に浮かんでいます
CIMG5267_R.JPG
昔は、画像の稜線を縦走し、ユートピアコースへ行けたのですが、地震で崩落して以降、事故が多く通行止めです。大山にはいくつかの峰がありますが、最高峰には行けません。
CIMG5268_R.JPG
帰りは迂回路の木道を帰ります。雰囲気良いですね。
CIMG5270_R.JPG
天然記念物 ダイセンキャラボク の純林を進みます。木道は高い位置にありますが、それでも胸のあたりまで大山伽羅木が迫ります。圧巻ですね。
CIMG5275_R.JPG

しかし、山頂は立錐の余地もない人の混みようでウンザリでした。
でもこれはまだ序の口…。10時には山頂に到着、12時ごろまでウダウダし、下山した時登山道は富士山並みの大混雑の大渋滞でした。これから登る人は、頂上到着までいったいどれだけかかるのか…。
下山中も何度も立ち止り、狭い道を譲りあうのに大変でした。

6合目避難小屋。ここも立錐の余地がない状態でしたが、人が落ち着くのを待ってやっと写真撮影
それでも人がたくさん
CIMG5288_R.JPG

帰りは、途中夏山登山道から外れ、旧登山道 行者山口へ
賽の河原でパチリ
ちなみに、ここからさらに上流のユートピアコースの砂走りも崩壊が激しく事故多発のため通行が禁止されています。
CIMG5296_R.JPG
CIMG5303_R.JPG
CIMG5306_R.JPG

大山寺奥の院へ下山
CIMG5307_R.JPG
CIMG5309_R.JPG
山門、なかなか雰囲気あります
CIMG5313_R.JPG
ここからは日本一の石畳を下山。ツルツル滑って大変でした。
(途中から大山寺境内を通過することも可能ですが、拝観料が必要です)
大山寺門前です
CIMG5318_R.JPG


下山後はやはり汗を流したいので温泉を目指します。
下山後の温泉は皆生温泉へ向かいますが・・・

途中、米子IC近くの お菓子の壽城でショッピング
http://www.kotobukijo.jp/
コチラは試食が多いことで有名なお土産店です。
12214.jpg

お菓子や海産物など、色々あります。

そして向かうは皆生温泉 OUおーゆーらんど

鳥取県米子市皆生温泉1-18-1
電話0859-31-2666
http://www.ou-kaike.co.jp/?page_id=19
CCF20150922_0006_R.jpg
CCF20150922_0007_R.jpg
CCF20150922_0008_R.jpg
CCF20150922_0009_R.jpg
入浴料は大人(中学生以上)400円 小学生150円 こども80円です。
コインランドリーもあり、駐車場も大きくキャンカーでも楽々駐車可能

皆生温泉の源泉で塩化物泉ですが、本来湯温70度以上の皆生温泉をかけ流さず、循環加温しているのが残念です。

◆大浴場営業時間
 10:00~23:00(最終受付 22:30)
◆家族風呂(個室)営業時間
  8:00~23:00(最終受付 22:00)

〇位置
皆生温泉は鳥取県の西端、米子市街地の北東約4kmの日本海沿岸に位置します。
東には一級河川の日野川が流れ、その背景には別名〝伯耆富士(ほうきふじ)〟とも呼ばれる〝大山(だいせん)〟の雄姿が望まれます。
そして西側は美しく弓形に弧を描き、境港まで延びた白砂青松の弓ヶ浜半島が続き、〝波の音さえ寝てて聞く〟と皆生小唄に歌われる、自然景観に大変富んだ海浜温泉です。 地図
温泉

[泉質]
ナトリウム・カルシウム塩化物泉(含塩化土類食塩泉)で、81℃の高温泉です。

[効能]
きりきず、やけど、慢性皮膚病、慢性婦人病の他神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、慢性消化器病、冷え症、等々です。

温泉は明治初年、地元の漁師さんにより発見されました。しかし、湧き出ていたのは海中の海の底からでした。そのため当時では利用の術もなく放置されていたようです。
明治33年、やはり漁師さん等により今度は海岸の浅瀬で湧き出ている温泉が発見され、その後は砂浜に穴を掘って利用されましたが、波打ち際の温泉では利用にも限界があったようです。

皆生温泉の本格開発
大正10年(1921年)有本松太郎(ありもとまつたろう)氏により、不毛の海浜の地を拓いて一大温泉郷を開発し、地方発展を図るという遠大な構想の下に
1.温泉の安全地帯として開発と集中配湯
2.広大な都市計画のための、一帯の土地買収と温泉都市の構築
3.当時町であった米子市街からの交通計画
と今から見ても非常に優れたプランのもとに、弊社 皆生温泉土地株式会社(昭和37年皆生温泉観光株式会社へ社名変更)を設立し、温泉郷が街づくられたのが皆生温泉の始まりです。
以上OUランド ホームページより

今回のツアーでは、下山後 お茶を飲もうとすると悲劇が…。
それはまた別の記事で







nice!(1)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 13

ある

Banさん こんばんは
お若いですね!
写真を見るとスマートになられたような?
下山後のハプニングが気になりますよー
by ある (2015-09-26 19:23) 

オジジ

すごいランチですね
私なら見ただけで胸がいっぱいになって食べられないでしょうね
この価格で利益が出てるんですかね
山もお風呂も楽しそうで 良い連休でしたね
by オジジ (2015-09-26 19:33) 

ひでき

こんにちは
一冊の観光ガイドで凄いです!
やはり興味は台湾料理です(笑)
台湾料理をまだ食べた事が無いので、食べてみたくなりました
by ひでき (2015-09-27 09:28) 

bankerkon

あるさんこんばんは
痩せてればいいのですが、黒い服なので小さく見えるだけで…。
12月の人間ドックに向けてそろそろ気合を入れないと…って言いながらなかなかスタートできない今日この頃です。
下山後…まぁ、たいした話じゃないのですが次回記事にしますね。
by bankerkon (2015-09-27 21:25) 

bankerkon

オジジさん こんばんは
最近中国人の経営する中華料理屋が多くて、でもそんな店は野菜が腐りかけてたりするので、なかなか悩ましいのですが、こちらは台湾人の経営する店でコストパフォーマンスは絶大でした。
まぁ、東京と違い地価はタダ同然ですからね。
山、ダイエットに行きましたが痩せれませんでした…。まぁ登る前にこれだけ食べたら…。
by bankerkon (2015-09-27 21:28) 

bankerkon

ひできさん こんばんは
やはり台湾料理ですよね!
どうして写真を撮らずに食べたのか…。
って、いつもそうなんですよね。東京行った時も俺のイタリアン、料理が運ばれてきたら、即食べちゃって…。
ある程度お腹が満たされたところで写真を思い出す…。
ダメですねぇ。何故かこの店、こんな話題タップリなのにぐるナビにも画像はなく…。
次回行くことがあればちゃんと写真撮りますよ!
by bankerkon (2015-09-27 21:31) 

よし

こんばんは。
さすが人気ブログですね。
ここまで詳しく書けるのが驚きです。
もー、自分のブログは穴に埋めてしまいたいです。
そんなbanさんが料理の写真を撮り忘れるなんて、目の前の女性たちが素敵だったんですね。
by よし (2015-09-27 22:32) 

まさみるく

見覚えのあるモンベル、そして駐車場が!
昨年、大山にドライブ行ったときに、寄りましたよ~。
早いものでちょうど一年かあ。

近くに温泉が有ったんですね!
今度行くときは駐車場で車中泊して、温泉に行ってみますねー。
by まさみるく (2015-09-27 22:58) 

bankerkon

よしさん、おはようございます。
いやいや、よしさんの美しい写真、癒されてますよ。
食べ物系、いつもカメラは持って行くのにダメなんですよね。欲深い食いしん坊だからなんでしょうね。
以前、オフ会の時に流星号さんにリカバリーの方法を伝授していただいたんですが、大半を食べてからでは無理でした…。トホホ

by bankerkon (2015-09-28 06:49) 

bankerkon

まさみるくさん、おはようございます。
この駐車場は景色も良いし、良いですよね。散策にも便利です。
大山旅館街は立ち寄り入浴出きるとこありますがやはり温泉が良いですよね。
ここのお風呂は浴槽が凝った造りで面白かったですよ。
次回は是非!

by bankerkon (2015-09-28 06:53) 

ちょびん

登山いいですねー!
私はあまり経験がないのですが、景色が開けている場所の登山は気持ち良いですよね〜(^o^)

日頃の運動不足を解消するためにもやりたいけど、ヒザが持つかなぁ〜…(笑)
by ちょびん (2015-09-30 09:30) 

bankerkon

ちょびんさん、おはようございます。
階段多かったりすると、膝わらっちゃいますよね。
まぁ、数日すれば治りますし、走るよりは膝にもやさしいかと。
登ったときの達成感はあるので山はよいですよ。
是非、同行者を見つけてお近くの山へlet's go!
by bankerkon (2015-10-01 06:46) 

岡山商科大学はあなたの夢を叶えます!


岡山市北区に位置する岡山商科大学は、社会に有為な人材の育成 及び 輩出に努めた結果、地元への就職や大学院進学に強い のが大きな特徴です。 大学選びは あなたの人生 を大きく左右します。 産学官連携活動を通して 地域の活性化 に貢献しております。 学部・学科毎に 専門性の高いコース制度 と WEBの資格講座 があるので、将来やりたい事 が見つかります。 就職活動の際には 面倒見が良くて親切 なので、入って良かったと言えます!

by 岡山商科大学はあなたの夢を叶えます! (2019-05-17 09:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0