So-net無料ブログ作成

ハイエース エアモニター取付 [ハイエース]

こんにちは
ハイエースファンの方。お待たせしました!
今回はハイエースネタです。

エアモニター買いました。
今回は人柱企画です。それもコストパフォーマンスは結構良い話です。
私、アマゾンセールで見るまでエアモニターって1万円以上すると思ってました!

ところがアマゾンのセールで3,270円で買いました!
11.png

今は表示が3,850円で更に200円オフになってますね。3650円ですね!

取付し色々なことがわかりました。
走行すれば温度が上がることは知ってましたが、温度上昇は想像ほどではなかったのですが圧力上昇は想像以上でした。
ハイエースの標準はフロント3.5 リアは3.25 です。
基本的に10%程度高めを目安にしていますが、わかりやすいので+0.5で入れてます。
フロント4.0 リア 3.75 にしてますが、走行中は結構上がってます。
11.jpg
温度上昇とともに気圧も上がってます。
更に温度ですがマフラーに近い右側。エンジンに近いフロントが&上昇激しいようですね。

ちなみに、画像はエアモニ取り付け時に空気が抜けるのを想定し少し高めに入れてる状況での画像です。空気入れすぎると乗り心地が悪化(跳ねる)したり、タイヤのセンター位置がちびる(溝が減る)、設置面積が少なくなるのでブレーキが効きにくい(特に雨天時)一方で転がり抵抗が減るので惰性時の燃費は良くなります。加速時は逆に路面との抵抗が少なくなるのである程度までは良くなるもののある領域を超えると逆に悪くなります。
空気を入れると燃費が良くなるのは自転車で試していただけると良くわかります。空気少な目と、パンパンに入れたときと比べてみてください。ロードバイクだとよくわかりますが、ままちゃりでも十分体感できます。(ただし、中国製の安物タイヤ&チューブだと補助タンク式の空気継だと入れすぎでバーストする可能性もあります)
ちなみに、スタッドレスは設置面積がグリップに大きく影響するので空気圧は規定値のままとしています。
特にスタッドレスはコンパウンドが弱い(やわらかい)ので入れすぎるとセンター部分のみが減りやすいです。以前、アジアンスタッドレスはいた友人は、空気高めにして1シーズン走るとみごとセンター部分のみが摩耗し1シーズンのみで使用不可になりました。

さて、さて 購入したエアモニ
こんな感じです
太陽光パネルがついてまして、配線は不要になってます
11CIMG2898.JPG
裏面にはテープを貼るようになってます
11CIMG2899.JPG
表面の液晶部はこんな感じ
11CIMG2900.JPG
11CIMG2904.JPG
横にUSBの充電コネクターがついてます
11CIMG2901.JPG

表面の太陽光パネルには傷が多く値段相応って感じです
11CIMG2903.JPG

付属品はセンサー4つ、本体、USBケーブル、センサー盗難防止用ボルト、レンチ、説明書です。
11CIMG2973.JPG

センサーはこんな感じです
11CIMG2974.JPG
11CIMG2975.JPG
11CIMG2976.JPG
11CIMG2978.JPG
ネジの部分がすごく短いような気がしますがパッキンがあるのでそう見えるだけでした
11CIMG2979.JPG
11CIMG2980.JPG
11CIMG2981.JPG
各センサーとの設定はすでに済ませてあり、センサーの頭部に取付位置の表示があります。
11CIMG2984.JPG

セットは簡単
バルブキャップを外し
11CIMG2985.JPG
11CIMG2986.JPG
そこに盗難防止用のナットを締めこみ…
11CIMG2988.JPG
と言いたいところですが、これを付けてセンサーを締め、ナットを逆回しするとセンサーが取れなくなりますが、うちのホイールはスポーク部分の感覚が狭いのでそんなことできません。
だからナットは取付ず、そのままセンサーを取り付けました
11CIMG2992.JPG

説明書です。
11CIMG2968.JPG
11CIMG2969.JPG
11CIMG2970.JPG
説明書に沿って設定をし直す必要があります
11CIMG2971.JPG
11CIMG2972.JPG
昨日として
空気圧異常低下警報とハイプレッシャー警報(タイヤ高圧警報)とタイヤ高温警報の設定値を変えないと、ハイエースの場合メーカー指定空気圧でハイプレッシャー警報が鳴り、低圧警報も、標準のままだとほぼ抜けてから鳴ることになりますので、事前に修正が必要。
また、温度警報は70℃とかありえない温度に設定されているので修正が必要でした。私はとりあえず40度にしましたが、夏は超えるのかな?
でも、この高温警報はブレーキの引きずり等もわかるので便利ですね。

空気圧が下がるのはもちろん、上がり過ぎたり、タイヤの温度が上昇したりすると警報音が鳴りますが、普通車用に設定してありますので引き上げが必要ですし、温度警告は60℃だったか、非常識な温度になってますので、これまた変更が必要でした。

取付後すぐには作動しません。
振動センサーでセンサーの電波発信が始まるようで、1キロ程度走るとリンクし始めました。
一度リンクがスタートすると次からは割と早く反応してくれます。

使用した結果。
この価格で空気量をモニターできるのはよいですね。
とても気に入りました。

装着後まだ1か月弱なので耐久性は不明。
ただ、太陽光で充電し、USBでの充電なしでちゃんと表示してます。

車のドアを開けると、振動センサーが感じてスイッチオン。この時ビーって安っぽい音が鳴ります。
この音がもう少しいい音ならいいのですが…。ピンポーンとか、もう少し耳心地の良いBEEP音なら良いのですが…。
それと、走行直後は電波を捕まえてなくて、走り出してしばらく(長いと数分)しないと正確な数値を示しません。正確な数値を示したことを把握する手段がないので少し不安です。ただ、走り出せば温度が上昇するので、温度計の変化や空気圧の変化をみると反応していないことがわかります。

残念なのはそこだけですね。

今回は人柱企画成功と言えそうです。


ちなみに、アマゾンでは3000円台でフロントガラスに貼るタイプも販売されてます。
安くなりましたね

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ATF交換 H82W ekワゴン [ekワゴン]

ハイエースファンの方、申し訳ございません。 今回もEKワゴンです。
ただ、ハイエースに流用可能だと思います。
お付き合いください。そして、ハイエースネタも新商品の人柱企画や、燃費向上となった整備ネタなどネタは既にあり、現在作文作成中ですので近日中にUP予定です。

ハイエースとミラに交換し、残っていたATF 約3.6ℓ残っています。
ヤフオクでペール缶で購入しているので、いつまでも残っていると家族に不評です。
なので、処分するため交換しました。

実はEKワゴン オイルパンがフロントバンパーすぐ後ろにあってドレンから抜くと簡単に交換できます。
EKワゴンのATオイルの容量は4.1ℓハイエースと違い、何から何までコンパクト。経済的です。
で、ドレンから抜けばよいのですが、手元のオイルが3.6ℓしかないので、ドレンから抜いて万が一3.6ℓ以上抜けると、ドレンから抜いたオイルを再利用することになるし、ATFの交換は量を正確に測って入れてやる必要があるので、直接廃油ボックスには入れられないので今回は上抜きにしました。

作業自体はハイエースで行った以下リンクとほぼ同じです。
https://kon-diet.blog.so-net.ne.jp/2016-05-03
https://kon-diet.blog.so-net.ne.jp/2017-10-07

と、言うことで、ドレンから抜く場合のドレンは車に向かって右側ここにあります
11CIMG3000.JPG

エンジンオイルのドレンはフロント側に向いていますが、ATFは後ろ側に向かってドレンがついています。
間違えないようにしましょう。
今回は冒頭の理由によりオイルチェンジャーで抜きます。
でも、ちゃんと4リットル以上が受けられる容器があればドレンから抜くのが便利です。
ドレンから抜いて、ちゃんと測ると楽ですね!測るものはダイソーでも売ってるし。

オイルチェンジャーはオイルゲージの穴から抜きます。
オイルゲージは助手席側にあります
11CIMG2998.JPG
こんな感じですね
11CIMG2997.JPG

抜いたオイル やはり汚いですね
11CIMG3004.JPG
11CIMG3002.JPG
新油はLLCのような真っ赤です。
しかし、抜いたものはかなりドズ黒いです。

新油の画像撮ってないので、蓋に残った新油です。
ちょっと鮮やかさが見えないですね
11CIMG3006.JPG
11CIMG3007.JPG
色は冒頭のリンク記事で確認してください。

抜いたATFと同量のATFを入れます。ATFは量の管理がシビアなので注意が必要です。
オイルみたいにゲージで確認するだけじゃダメです。

またATFゲージを見ていただけるとわかりますが、ATFは暖かい時と冷えたときで膨張するため量が変わります。
暖かい時にぬいて、冷たいATFを入れると膨張した状態で測り、入れすぎてしまう困ることになります。

ちなみに ゲージでの点検方法

①エンジンを始動させ、エンジンの回転数が落ちつき、ある程度暖気されるまで待つ。
②暖機運転が終了したらエンジンをかけたまま、シフトレバーを「P」の位置から「R」「N」「D」「2」「L」などすべてのポジションにゆっくりと移動させる。このとき各ポジションで数秒間保持すること。保持することでATF がすべてのギヤに行き渡ります。
③ゆっくり「P」の位置まで戻し、エンジンはかけたままATF レベルゲージを抜き、きれいなウエスでオイルをふき取り、再度ゲージ穴に差し込む。
④エンジンやミッションが充分に暖まっているときはゲージ上部の「HOT」側を、充分に暖まっていない時は下側の「COLD」の目盛りを読みとる。
以上が点検方法です。
ところで、最近の車はATFは作動油でエンジンオイルみたいに蒸発したりしないので、理論上は減ることがなくゲージがないものが多くなってます。
そんな車だとDIYによる交換はできませんので悪しからず…。

ところでオイル物は手がオイルで汚れるため、画像が少ないのでごめんなさい・・・。

さて、さて、今回余っていたATF使い切りましたのでこれでまた私のペール缶コレクションが増えました。蓋を取ったATFペール缶(今回は樹脂製)
11CIMG3008.JPG
ギヤオイルは臭いですがATFは甘い感じのいいにおいで、ほんのりATFの匂いがしていい感じです。
中に灯油を入れしっかりATFを洗い流し、そのあと中性洗剤(台所用洗剤)で洗います。
これで、ごみ箱でもバケツでもなんにでも使えます。便利ですよ。
最近は椅子にするための蓋も売ってます。

ところで、松江市では今10年に一度のホーランエンヤというお祭りが開催されています。
なんせ10年に1度ですから見に行きたいのですが、今週は商店街の寄合とかあって行かれませんでした…。
NoImage_pc.gif
pg_photo_03_1.jpg
pg_photo_03_2.jpg
pg_photo_03_3.jpg
pg_photo_06_1.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

オートプラストーン施工 [ekワゴン]

スタートダッシュに失敗しながらも絶好調のカープ
と、言うかブロ友のSさんに連休中にコレを頂く前までは4連敗してました。
P_20190502_200814.jpg
すごいですねぇ。妹さんの手作りだそうです。ビーズ製です。
コレ、頂いてカープ 勝ち勝ちです。
今日も勝ちました!

今年はタイヤ上野さん 来広予定です!それまでにカープ本調子にならないと…。
水金地火木ドッテンカープ



EKワゴン ロードノイズがかなり気になります。
と、いうことでノックスドールのオートプラストーンを施工しました。


ちなみにモノタロウで買うと1990円です。3,500円で送料無料なので2個買えば送料無料になります。

楽天だとこちらが最安かな?
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Noxudol ノックスドール オートプラストーン
価格:1989円(税込、送料別) (2019/5/6時点)



11CIMG3033.JPG
ハイエースも施工済みです。
尚、ハイエースは気合を入れて1か所に1缶を目安に厚塗り。
結局3缶あれば足りました。
で、残ってた1缶を今回使用しましたが、結局1缶では足りず2缶使用しました。
軽なので2缶あれば十分すぎるぐらいです。かなり厚塗りできましたよ。

結論から言います。ハイエースは新車で買ったので、購入後すぐ施工しましたので施工前後の効果側がわかりませんでしたが、EKワゴンはしばらく乗ってからなので効果がすごくわかりました。
防錆能力はあると思いますが、こちらはすぐには判断できません。
問題は静寂性。
期待はしていましたが、どこまで効果があるかは未知数。
しかし施工後は、施工したことを知らなかった妻も静かになったねと言うほど静かになりました。
特に後述しますが、EKワゴンのフェンダー内は金属ボディの隙間をプラスチックのカバーで覆う構造で、金属部分とこのプラスチック部分(正確には樹脂だと思いますが)両方に施工したので防振効果が飛躍的に向上したのではないかと思います。

まずは、中古車なのでホイールハウスを洗います。
11CIMG2897.JPG
水かけて中性洗剤と洗車ブラシで洗います。
画像はホイール外してませんが、結局ホイール外して洗いました

フロントから施工します
11CIMG2909.JPG

フロントのホイールハウスにはプラスチック製(実際は塩ビ?)の内貼りがついてます。
11CIMG2910.JPG
11CIMG2911.JPG
先ずはコイツの取り外しを行います。
ボルト1本とクリップで留まっています。クリップは中央のプラスネジをくるくる回し、ネジ部分を緩め引くと簡単に外れます。
クルクル回しても外れない場合、内貼り外しをボディとクリップの間に入れて手前に力を掛けながらネジ部分を回すとうまくテンションがかかって外れます
11CIMG2912.JPG
外した内貼りはコチラ
11CIMG2913.JPG
こんなにデカイんです。まぁ、コレがコストダウンなんでしょうね
外すと中はこんな感じ。
フロント側はバンパー裏が丸見え。ホーンもフォグランプも見えてます。
11CIMG2916.JPG
上側もなーんにもなくペラペラな鉄板が
11CIMG2917.JPG
リア側はドアのヒンジが見えます。
11CIMG2921.JPG
上のフェンダー側です。
ペラペラです。
ここに塗るとフェンダー叩いても響かなくなりました。
軽自動車ペラペラですからね
11CIMG2922.JPG
これを防振すればかなりの効果が期待できます。
やはり、コストダウンと軽量化の重要な軽だからなんですかね
さてさて、施工するオートプラストーン ふたを開けるとこんな感じです
11CIMG2923.JPG
コールタールのようなものですが、説明書きによるとゴムの一種みたいです
11CIMG2924.JPG
塗料と言えばハケとか想像しますが、コイツはハケじゃ塗れません。
ハイエースに施工した時はゴムへらでやりました。ダイソーで購入した料理用(ケーキ作るときに使うやつ)です。
しかし、一番良いのはハンドパワーです。
11CIMG2925.JPG
手袋をして手で塗ります。
かなりの粘着性があるのでコレが一番効率的です。
泥遊びをする感じですね。

他の方のブログを見ると養生して…とありますが 横着なので養生はしません。
ブレーキもローターなど一部の場所につかなければ大丈夫です。
また、万が一ボディについてもブレーキクリーナを吹いてティッシュやウエスで拭けばきれいに拭きとれます。

ただフロントはディスクブレーキやタイロッドなど可動部分についたらきちんとブレーキクリーナーでふき取りましょう。
11CIMG3035.JPG
特にタイロッドのネジ回りは注意が必要です。ブレーキクリーナーで簡単にとれます。

なので手軽に作業することが出来ます。ぜひ皆さんもチャレンジを
私が用意したのは 手袋、オートプラストーン、ドライバー、内貼り外し、ジャッキ、十字レンチ、トルクレンチ、ソケットレンチ、ペーパータオルです。
車体下にはもぐりませんのでリジットラックは使用しませんでした。

カメラの先の部分が外れていたことに気付かず撮影してたので光が乱反射して画像が汚いです。
ごめんなさい
11CIMG2926.JPG
鉄板部分にむらなく塗り(その部分は手が汚いので写真がありません。フェンダー裏も塗りました)樹脂のカバーを取り付けた画像です

こんな風にホイールハウス内にベタベタ塗り
11CIMG2927.JPG
11CIMG2928.JPG
クリップにつかないように注意し、ついたらブレーキクリーナーをティッシュにつけて拭き取ってやります。
その後、樹脂カバーの上にも塗ってやります
11CIMG2929.JPG
11CIMG2932.JPG
こんな感じで結構厚塗りです
11CIMG2930.JPG
これでも、1日置いておけばはがれることはありません。
次はリアへの施工です
リアはこんな感じです。きちんと継ぎ目にシーラーが塗られています。また薄いですが防振塗料も塗られています。
ちなみに、中古車を買う時はこのつなぎ目のシーラーの線を見て事故車かどうか判断します。 左右や前後で明らかぬシーラーの塗り方が違うと怪しいです。但し、ラインで左右違う人が塗る可能性もありますので完全一致はしないことがありますが、明らかに違う場合(ライン以外でシーラーが塗られた場合)注意が必要です。また、鉄板のシワにも注意。左右を見比べてみましょう。
11CIMG2933.JPG
11CIMG2934.JPG
11CIMG2935.JPG
施工前の状況です
11CIMG2938.JPG
こんな感じでベタベタ塗りました
11CIMG2939.JPG
11CIMG2940.JPG
11CIMG2946.JPG
11CIMG2947.JPG

リアはバンパー部分も露出し水はねがかかりそうなのでバンパー部分にも外側に塗りました
11CIMG2943.JPG

11CIMG2950.JPG
ドラムにもついてますがふき取りました。

しかし、結構な厚化粧が出来ました。
これで行くと効果ありです
11CIMG2951.JPG
11CIMG2955.JPG
11CIMG2956.JPG
11CIMG2957.JPG
11CIMG2958.JPG

説明書はこんな感じです
11CIMG2962.JPG
しつこいようですがゴム系らしいです
11CIMG2963.JPG

かなり効果が出ましたのでほんとお勧めです。
また、手軽にできるのもいいですね。
洗って、乾かしてが面倒ですが・・・。

はみ出してもブレーキクリーナーできれいになるのでほんと楽ちんです。
うちの車は白ですが簡単にとれます。


ところで、先日 いつものタイヤ上野さんから浮気して ネットで4本8000円ほどでEKワゴンのタイヤ購入し、近所のGSで交換しました。工賃4,320円
ブリジストンのネクストリー ブリジストンだから購入しましたが、何とアジアンタイヤの台湾製でした…。
11CIMG2959.JPG
トホホ

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

オイルとフィルター交換 H82W ekワゴン&L710S ミラ [ekワゴン]

我が家の車。どれも5000キロごとにオイル交換
1万キロごとにオイルフィルタ交換しています。

今度、EKワゴンとミラのフィルター交換時期が同時にやってきました。
そして、今回EKワゴンは初めてのフィルター交換です。

それでは作業にかかりましょう。
先ずはミラからです。
このミラは以前も記事にしてますがオイル交換のさぎょうせいはとても良好です。
本来、あげなくてもそのままできるのですが、OIL処理ボックスを下に入れるのに便利なのでリフトアップといいたいところですがブロックに乗って、床下の作業空間を確保します。
11CIMG2850.JPG
これをあげると処理BOXがすんなり入ります
11CIMG2851.JPG
薄型の処理ボックスだとそのまま捨てられるので便利です。尚、ミラの場合は潜る必要がないので関係ないですが、潜る場合はジャッキでのリフトアップは厳禁。リジットラックかカーランプ、もしはこのようなブロックなどを利用しましょう。ただブロックはつぶれる可能性があるので要注意です。

空気用の穴を確保するためキャップをあけます。それ以外の目的でも、オイルを捨てる前に必ずオイル注入口を開けておきましょう。万が一固着等してオイルが入れられない場合大変なことになります。
11CIMG2852.JPG

オイルキャップの裏にはこのような乳状のものがついてました。
鉱物油を使うとこうなることがあるらしいです。
大気中の水分でもなりますが、水漏れでもなるので乳状の汚れがついている場合は要注意です。
ガスケットの抜けがないかLLCの量を確認しましょう。
オイルを下抜きします

その後フィルターを外しますが、ミラはナンバーを外すと目の前にオイルフィルターがあります。
黄色部分ですね
11CIMG2857.JPG
フィルターを外すとオイルが垂れてくるのでウエス等を敷いておきます。私はショップタオルやペーパーウエスを使うことが多いですね。
11CIMG2859.JPG
外すとこんな感じです。結構エンジンの中が汚いですね
11CIMG2861.JPG

新しいフィルターはフィルムをはがし、Oリングにエンジンオイルを薄く塗って取り付けます
11CIMG2862.JPG
ドレンボルトもパッキンを新品にして装着します。(この時トルクに注意しましょう。締めすぎると壊れちゃいます)
その後オイルを注入しますが、古い車のミラはオイルの使用料が少ないです。
11CIMG2864.JPG
フィルターを変えても2.3ℓ
最近の車はオイル量を多くして劣化を防止してますのでオイル量の多い車(3リットル以上)が多いです。
逆にオイルの管理が重要な車ですね。

その後エンジンをかけて液漏れをチェックします。エンジンかけて新品のウエスでドレンボルトの周りとオイルフィルターの付け根を拭いてオイルがつけば漏れています。
11CIMG2865.JPG
11CIMG2867.JPG
こんな感じでここはショップタオルより使い捨てウエス(白)が良いですね。
11CIMG2865.JPG
11CIMG2867.JPG
ただ、回転部やベルトには注意しましょう。 指がなくなります。

さて、次はH82WEKワゴンです。

コチラは、どうしてこんな位置に?ってところにオイルフィルターがあります。
11CIMG2870.JPG
黄丸部分がオイルフィルターですがエンジンの運転席側にあります。
バンパー側にあるミラとは正反対ですね。
なので、上側からの作業も、前側からの作業も不可能です。下からの作業になります。
ミラと同じようにブロックの上にタイヤを載せて作業します。間違えてもジャッキだけで潜らないようにしましょう。
なので整備性はめちゃくちゃ悪いです。
しかし、リフトで上げるとそんなの関係ないですよね。
ということで、天下の三菱はDIYする人には優しくないですよね

オイルフィルターを外すと間違いなく中のオイルが垂れてきます。
なので、外す前に養生します。ビニール袋で垂れたオイルを受けとめます
11CIMG2873.JPG
11CIMG2874.JPG

場所が場所で狭いのでカップ型のフィルターレンチでフィルターを取り外します。
11CIMG2875.JPG
赤丸部分ですね。
垂れてもいいようにペーパーウエスをフィルターの下に敷いておきます。

今回も新しいフィルタのOリングにオイルを塗って締めこみます。
11CIMG2872.JPG
オイルを塗り忘れると締めた時にリングがよじれてしまいます。

新しいフィルターをセットします。
手で締めて、締まらなくなったらフィルターレンチで4分の3締めこみます。
もしくはトルクレンチで14Nで締めるとOKです。

このように漏れてますね。ブレーキクリーナーで垂れたオイルはきれいに清掃しましょう。
11CIMG2881.JPG

その後、ドレンボルトを外してオイルを抜きます。
ブロックに乗せてますから下にオイル回収箱が入ります。
11CIMG2880.JPG
もちろん綺麗にオイルが抜けるよう空気穴でゲージとキャップをあけます
11CIMG2881.JPG
キャップは先に開けとかないと、先に話した通りです。

このエンジンは中もきれいです
11CIMG2882.JPG
キャップもきれいです
11CIMG2884.JPG

ドレンのパッキンを交換しますが、つぶれて外れないのでプライヤーで挟んでグルグル回して外します
11CIMG2886.JPG

純正のパッキンはコチラ
11CIMG2887.JPG
部品番号 MD050317 定価150円 これも1割引きで購入

装着した状態がコチラ
11CIMG2888.JPG
締めるとつぶれる構造です。
ちなみに鉄製のオイルパンはトルク49N アルミなら35N

最近は純正部品はモノタロウで購入しています。
ディーラーや共販は定価ですがモノタロウは土日祝は5%オフです。
また、木曜日は自動車関連用品が10%OFFになります
また、1回の送料が3500円以上になれば送料は無料です。
1か月に一度3500円利用するとその月はたとえ10円のものでも送料が無料になります。
以前、三姉妹パパさんのブログでamazonで純正部品を買うと定価より安く買えるとありましたが、モノによってはamazon の方が安いものがあるようです。
ただ、おおむねほとんどamazonは純正部品は定価より高い価格での販売になりますので注意が必要です。

純正部品の品番と価格はコチラのサイトで検索可能です
https://partsfan.com/

外したオイルフィルターですが中にはオイルがたっぷり入っています
11CIMG2889.JPG
オイルを捨てて処分しましょう
11CIMG2890.JPG

ちなみに、古くなって冬のプラスチックが固い時期にウォッシャ液を補充したら蓋の爪が割れました。
コチラも交換しました
部品番号 MR991067
コチラも定価220円の1割引きでした
11CIMG2891.JPG

修理完了
11CIMG2892.JPG

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車