So-net無料ブログ作成
キャンピングカー おでかけ ブログトップ
前の10件 | -

コワ温泉 島根県浜田市 [キャンピングカー おでかけ]

先日、未知の温泉 コワ温泉に行ってきました。
https://kowa-osn.jp/hotspring.html
11P_20190220_161846.jpg
実は過去に何度も記事にしている美都温泉に行ったのですが、おやすみで帰ろうとしましたが、どうしても温泉に入りたく 近場で検索したら出てきたので行った温泉です。

しかし、なんとなんと ついてみたらビックリ。
なかなかNiceな温泉(実は冷泉)だったので記事にしました。

しかし、コワ温泉って名前。何か怖そうな温泉ですよね。
しかし、名前の由来は古和地区にある温泉ってことでした。
そして、このコワ温泉には面白い歴史が…。
たたずまいは普通の温泉
11P_20190220_161800.jpg
実はここ ナトリウム塩化物泉なんですが…。

塩化物泉は大変よくあたたまります。
入浴することにより、皮膚に塩分が付着し、汗の過剰な蒸発を防ぐため、保温効果がよく湯冷めしにくいことから別名『熱の湯』と言われます。
また、『温まりの湯』(湯冷めしにくいこと)、『傷の湯』(塩分の殺菌効果)などとも言われます。
11P_20190220_172826.jpg
と、ここまでは普通なんですがね
実は、
コワ温泉が出来た当初、温泉成分は日本中でも珍しいラドン泉でした。近年の地震などの影響でしょうか、地質内部の変動で泉質も変わりました。今もごくごく微量のラドンが含有されていますが、数値がわずかな為表記からは外されています。
シュワシュワな炭酸泉も混ざっており、金曜日や土曜日の朝はこのシュワシュワをより実感できるそうです。

と、言うことで、さっそくシュワシュワを体感しに行ってきました。

木曜日が定休日で金、土曜日によくシュワシュワが出るとのことでした。土曜日に行くと、よその炭酸泉ほどのシュワシュワはない…。
5分以上湯船につかると着いてきたねぇ…って感じで、わずかに泡がつく程度でした。

しかし、湯船は最高
11P_20190220_165654.jpg
この待つ素晴らしいでしょう
11P_20190220_164425.jpg
石造りの庭はとても美しいです
11P_20190220_164358.jpg
内風呂もそこそこの広さ
11P_20190220_171417.jpg
洗い場も独立タイプ
11P_20190220_171639.jpg

なかなか良いです。
ただし、アルカリ泉でPH8.1
よく滑ります。

私は露天に入るとき、この石踏んでつるっとすべり湯船にドボンしました
11P_20190220_171610.jpg

ところで、私が大好きでこのブログでも何度かご紹介した美都温泉
営業不振により早朝風呂を平成31年3月31日でやめ、入浴料も値上がりすることとなりました。
それでも、朝8時からオープンですがね、
朝ぶろ 有難いです。
RVパークもありますし
201902020535127225.png
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

休日おでかけ 美保関神社と美保関灯台 [キャンピングカー おでかけ]

先日の連休。 お出かけしてきました。
と、言うよりは娘のとこに行って、そのついでにお出かけしました。

行ったのは、娘の家からすぐの美保関
美保関隕石で有名なのと、ゲゲゲの鬼太郎で有名な境港のすぐ近くです。

行く途中に道の駅に寄りました。家から10分のところにある道の駅本庄
P_20190113_112027_R.jpg
こちらは弁慶生誕の地だそうでこんなものがありました。
お店はコンビニと小さな産直市があるだけです。

さてさて、さらに松江市の先っぽにある美保関を目指します。
まずは恵比寿様の総本宮 美保神社へ!
鯛に釣竿のえびす様 有難いですね。

神社はひなびた漁村にあります
漁村にはホテルなどもありますが、こんな昭和の建物もありました
P_20190113_115722_R.jpg

神社の入り口です
P_20190113_115802_R.jpg

P_20190113_120813_R.jpg
境内はこんな感じ
P_20190113_120914_R.jpg
P_20190113_120923_R.jpg
とても落ち着いた場所です・
P_20190113_120945_R.jpg
P_20190113_120956_R.jpg
P_20190113_121359_R.jpg
P_20190113_121421_R.jpg
P_20190113_121923_R.jpg
とても趣がありますね。

ただこの画像、私が撮りましたがこれ、1月の連休の中日です。こんなに人が少ない!
さすが島根県!
しかし、境内のむしろ(敷物)は本当の藁(ワラ)だったりしてすごいです
P_20190113_121323_R.jpg
さっきのしめ縄もすごかったでしょ

そんな、連休中にもかかわらず人がいない島根県
自虐ネタでカレンダーや本まで作ってます。
上がその宣伝PV 面白いですね。

神社の横には青石畳横丁なんてのがあり、その奥にはお寺 佛谷寺があります
P_20190113_115848_R.jpg

P_20190113_120323_R.jpg
八百屋のお七の恋人の墓なんてのがあるらしいですが、八百屋のお七って誰?って知りませんでしたのですぐにググりました

神社に参拝後は美保関灯台に行きました。

瀬戸内海しかない広島県民としては水平線が羨ましい。気分はハイになります。
P_20190113_123639_R.jpg

コチラも人はいないうえに、お店まで閉まってる・・・。
でもきれいなところですね
P_20190113_123330_R.jpg
でも、お店は閉まってる・・・。
P_20190113_123553_R.jpg
連休に観光地が閉まりますかぁ・・・

しかし、絶景はまちがいない。
水平線だし
P_20190113_123639_R.jpg
憧れるよ水平線、
瀬戸内の島々、観光の方に評判ですが僕らの海はあれですからね。
いつも穏やかで、あちこち島が見えて。

で、美保関と隠岐の島や竹島との位置関係はこんな関係になります。
P_20190113_123708_R.jpg
隠岐の島はかすかに見えますよ
P_20190113_123727_R.jpg
自生する水仙も咲いてました
P_20190113_123859_R.jpg

海の八甲田山と呼ばれる遭難事故 美保関事件のプレートも
P_20190113_124147_R.jpg
深夜悪天候の中の演習で駆逐艦「蕨」に巡洋艦「神通」、駆逐艦「葦」に巡洋艦「那珂」が激突し沈没し 119名が殉職された事故で八甲田山とならび、演習中の2大事故と言われています。

他にも、沖の岩をご神体とする神社もあり
P_20190113_124241_R.jpg
ご神体
P_20190113_124251_R.jpg
P_20190113_124303_R.jpg
手前の岩と海の中の遠くの岩がご神体です。

山陰最古の石造り灯台 美保関灯台もあります。
P_20190113_124515_R.jpg
但し、びっくりするぐらい低いです
P_20190113_124524_R.jpg
日御碕や御前崎の灯台は足がすくみますが・・・。
「世界灯台100選」および「日本の灯台50選」に選ばれている日本を代表する灯台ですのできれいですがね
灯台の下にはおしゃれなレストハウスがありましたがお休みでした
P_20190113_124537_R.jpg

帰りに江島大橋(ベタ踏み坂)の近くにある「平田屋」という蕎麦屋さんに行きました。
そして、このそばが絶品
鳥取県境港市渡町1301
P_20190113_134648_R.jpg
伝統的な建物ですがお店の中身は普通のお宅のような感じです。
P_20190113_132450_R.jpg
ざるそばと釜揚げそばを頂きました。
ざるそばはこんな感じ
P_20190113_133240_R.jpg
P_20190113_133244_R.jpg
絶品でした 650円
P_20190113_133445_R.jpg
釜揚げは500円

その他、メニューは山かけ550円です。
入口がかなり狭くて、入口の両脇にブロック塀があるので駐車場へ進入するのが大変ですが車の交通量が少ないので切り返しをすれば何とかなります。
お店に入る角から数メートルだけが狭いんですよね。
店の前はひろいんですが
P_20190113_132129_R.jpg
また通り過ぎてしまいやすいので注意が必要です・
ハイエースワイドボディがギリギリ入りました。

そのあとは近くの米子鬼太郎空港に行きました
行った理由は・・・。
P_20190113_151643_R.jpg
なんと、こちらにはカニ汁が出る蛇口があるんです。

それを味わいたくて・・・。
P_20190113_151829_R.jpg
しかし、この日は既に品切れになってました。
P_20190113_151829_R.jpg
米子鬼太郎空港というだけあって、鬼太郎とそのお父さんのオブジェがありました
P_20190113_151652_R.jpg
P_20190113_151856_R.jpg

展望デッキからは伯耆富士とも呼ばれる大山の凛々しい姿が…。
これに、飛行機がいれば最高の写真になるのですが、この米子鬼太郎空港 国内線は羽田のみ、国際線は韓国と香港のみ。
飛行機がなかなか来ないんですね・・・。
韓国政府の動画サムネイルみたいにHPから借りてきた画像でも引っ付けて工作しますかね・・・。
P_20190113_153501_R.jpg
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

松江 水燈路 [キャンピングカー おでかけ]

茶道部の娘。
今月末まで、松江城でお点前してるということで見に行ってきました

世間は今 神無月ですが
島根は今 神在月
超元気です

こんなイベントが行われています
https://www.suitouro.jp/
9月1日~10月31日まで
松江城周辺に灯篭がともされます
P_20181020_204542_R.jpg
車を観光客向けに無料開放されている県庁別館にとめ松江城に向かいます。
途中こんなものが
P_20181020_203538_R.jpg
途中、お堀に浮かぶ県庁
P_20181020_203638_R.jpg
P_20181020_203649_R.jpg
P_20181020_204034_R.jpg
P_20181020_204052_R.jpg
幻想的ですね

松江城の入り口では町内会の太鼓が
P_20181020_204158_R.jpg
P_20181020_204215_R.jpg
迫力満点!

堀にはしまねっこも
P_20181020_204432_R.jpg

そして、松江城の場内も灯篭がたくさん

さまざまな灯篭があります
P_20181020_204947_R.jpg

それも最近多い電気ではなくろうそくです。
P_20181020_205005_R.jpg
P_20181020_205014_R.jpg
P_20181020_205133_R.jpg

いろんな灯篭がありほんと楽しめます
P_20181020_205240_R.jpg
P_20181020_205258_R.jpg

そして場内は灯篭だらけ、幻想的
P_20181020_205523_R.jpg
P_20181020_205536_R.jpg
P_20181020_205956_R.jpg
神在月 島根は元気です。

是非皆さんもお出かけください

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

NV350ブレーキディスク、パットの交換と島根の温泉 まめなかセンター [キャンピングカー おでかけ]

表題のNV350のブレーキメンテに関する情報が、尊敬するSさんより送られてきました
ブレーキローターとパット交換されたそうです。
NV350でかくておもいのにブレーキプアで日々改良されてます。
いろいろ試行錯誤され、スリット入りからディクセルのディスクに交換
取り外し時は固着してスライドハンマーでようやく外した様です。
IMG_1676_edited-1_R.jpg
ここはハイエースと似てますね。
外したものです
IMG_1680_edited-1_R.jpg

外したディスク 右はしっかり焼けてたそうです

IMG_1684_edited-1_R.jpg

IMG_1685_edited-1_R.jpg先日の島根ツアーで寄った温泉 ご紹介します。

ディクセルのSDタイプ(ディスク)、Zタイプ(パット)に交換されました
この受けが錆びてたみたい
IMG_1678_edited-1_R.jpg
ハブ側
IMG_1680_edited-1_R.jpg
取り付け完了後です
IMG_1686_edited-1_R.jpg

いいなぁあs、某ハイエースショップにすぐ行ける人・・・。
首都圏はたくさんありますからね

さて、つぎのおだいにまいりm
昔から大好きでよく行く温泉です。
泉質は最高で、鍾乳洞にあるような光景が湯船で繰り返されるほど濃厚な温泉です。

いったところは まめなかセンター 別名塩ヶ平温泉
島根県雲南市掛合町掛合821-1
TEL/FAX 0854-62-0231



ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 源泉掛け流し 18.0℃ PH 6.3 無色透明・中炭酸味・微土臭
入力料は300円と激安。
島根の温泉は旅館とかを除けばこの程度のところが意外と多いんですよね。

この安さにもかかわらずシャンプー、リンスも完備

そして、いつ行っても人が少ない!コレが最高です
http://www.unnan-kankou.jp/contents/spa/83/

そして、徒歩圏内には元総理竹下登さんの生家と竹下登記念館があります
http://www.takeshita-honten.com/kuramoto/noboru-takeshita-memorial/
竹下さんと言えば、実家は酒蔵 竹下本店(出雲誉で有名です) そしてお孫さんはWISHで有名なDAIGOさんですね

話がそれましたが
まめなか温泉
国道54号線沿いにありますがひっそりと建ってます
公民館みたいな建物ですが、まさにそうなんです
P_20180917_160001_R.jpg
で、なぜここが好きかというと、すいてる、安い、泉質が濃い
P_20180917_160449_R.jpg
さて、本題に
まず入口の島根県キャラクター鷹の爪 吉田君の看板でパチリ
P_20180917_160147_R.jpg

源泉かけ流しのお風呂です
P_20180917_160501_R.jpg

ただ、脱衣場も、浴槽も狭い
P_20180917_160412_R.jpg

770x6110_まめなかセンター温泉.jpg
お風呂は茶褐色の色です

浴槽の水面には、まるでサルノコシカケの様に湯の成分が固まって張り出してます
P_20180917_163348_R.jpg
湯船の外の洗い場には湯船から流れた湯でできた段々畑が続きます。
P_20180917_163355_R.jpg
これも、湯の成分が濃いのでこのようになってるんですね
P_20180917_163401_R.jpg
ここの湯はほんと濃いので浴槽の縁に座っていると成分が濃すぎてオシリがかぶれちゃうほどです。

利便性も松江道(尾道松江線 やまなみ街道) 吉田掛合IC と 雲南吉田ICから10分です。


雲南吉田ICは大きくはないですが道の駅たたらば壱番地も併設されてます

また、このあたりは道の駅の密集地ですので宿泊場所には困りませんし、静かな山中でとても快適に車中泊が出来ます。(冬は雪が降りますが・・・)

この温泉はいつ行っても他の入浴客は2~3人程度。
サウナもついてリフレッシュには最適です。

ただ、古いのでひなびた温泉嫌いな潔癖症の方はNGかも…。
ちなみに、川沿いにあり、昔は川も見えたのですが、いまは竹垣で見え無くしてあります。
しかし、浴槽の外の庭は枯山水のような石が敷かれ、落ち葉等もきれいに整備されてます。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

おでかけ 島根のお風呂 [キャンピングカー おでかけ]

久々にお出かけしました!と言っても、娘の下宿に行って、娘連れて温泉めぐりしただけですが…。

今回は島根県東部の温泉をご紹介します。

先ずは娘の下宿から 以前某CMで話題となった
ベタ踏み坂を目指しますが、写真ありません…。
P_20180917_105456_R.jpg
見た目ほどの坂でもありませんが…。
松江から境港方面、東行のみがベタ踏み坂です

その後、イオンモールでお買い物し 温泉へ

本日の温泉は毛利と最後まで中国地方の覇権を争った尼子氏の居城 月山富田城に近い富田山荘に行きました。
というか、知る人ぞ知る月山富田城どころか、あの日本庭園で有名な足立美術館のすぐ近くです。
1_R.jpg

この月山富田城では来週の連休に全国山代サミットが開催されます
3_R.jpg
また、5年に一度の武者行列も開催されますので、来週のお出かけがまだ決まらない方。いかがでしょう?
2_R.jpg
月山富田城はこんな感じです。
6_R.jpg
7_R.jpg
8_R.jpg
私も行きましたが、本丸周辺はカメラ忘れ…。
下の方はこんな感じ
P_20180916_175419_R.jpg
P_20180916_175312_R.jpg
城主であった山中鹿介の案内板と銅像があります。
P_20180916_175302_R.jpg

お城の建物はありませんので城跡だけ見る感じですね
山頂の山城ですので、竹田城ほど高くないですが、でも山の上のいい感じのお城です。

すぐ近くの富田山荘へ
4_R.jpg
5_R.jpg

P_20180916_174417_R.jpg
P_20180916_174331_R.jpg
お城を模した建物です。
http://fureai.shikanosuke.net/gassan/
かけ流しの温泉です
少し茶色がかった温泉です
P_20180916_163714_R.jpg
P_20180916_163727_R.jpg

こんな感じのポスターがあります
P_20180916_163836_R.jpg
駐車場から月山富田城が見えます
P_20180916_163142_R.jpg
入浴料金は410円
脱衣場はこんな感じでこじんまりしてます
P_20180916_164102_R.jpg
一部自主規制で画像を修正しています

内湯と露天風呂がありますが露天風呂はこんな感じ
P_20180916_170644_R.jpg
P_20180916_171902_R.jpg
街を見下ろす絶景
+男湯からは月山富田城を見ることが出来ますが…
P_20180916_170628_R.jpg
目の前に携帯電話のアンテナの鉄塔が立ってて台無しです。
駐車場からはきれいに見えるんですがね
P_20180916_174537_R.jpg
P_20180916_174448_R.jpg

建物は古いのですが、価格はリーズナブル。
きれいな建物を望まれる方にはNGかもしれません

ちなみに、このすぐ下には、同じ系列の憩いの家があります。(内風呂しかないですが入浴料金は300円です)

どちらもシャンプー、リンス、ボディソープがついてます。

ドヤ顔でお風呂入ってきました
富田.jpg
ゆりやんレトリバーの物まね
2018-09-16T17:36:27.jpg

つづく
nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:自動車

眠気対策 [キャンピングカー おでかけ]

すません 最近またちょっと忙しく、ほぼ毎夜夜のお付き合いがあり午前様
週末も土掘り作業やらなんやらでドタバタ

さらに昨日も今日も、床下の手掘り+土嚢袋の運搬と、軽トラでの砂捨て作業でヘロヘロです。

そんなこんなで今週も書き溜めた記事のUPになります。
ネタもいくつかありますが、なんせお盆ということでドライブされる方も多いですから。


最近、島根県松江市に住む娘のところによく行きます。
高速走っていけばよいのですが、いつも下道を走っていきます。

夜出て深夜に着く感じ
12時ごろ出て2~3時に到着が多いです
早くても、いえに帰って風呂に入り22時ぐらいのスタートですね。

広島への帰りも私は早く出て温泉によって帰りたいのですが、いつも嫁の抵抗にあって娘の家を出るのが9時過ぎに…

自宅へ着くのは12時くらい。

そこで問題になるのが眠気対策

皆さんの眠気対策はなんですかね?

私が定番にしてるのは
お出かけ前にリポビタンDなどの栄養ドリンクを飲みます。
yjimage1.jpg
リポビタンDは高いので安い栄養ドリンクでOK!

でも実際にはリポビタン高いしほとんど飲んでないです。
イオンのPBドリンクか無名の薬屋ののドリンクですね。これで効果は十分です。
実際私も大黒天物産やイオンの1本30円程度のドリンクを車に常備し飲んでます。
飲んで吸収されるまで30分程度かかりますから、眠くなりそうになると早めに飲むといいですね。

この種のドリンクはカフェインたっぷりで目が覚めます。コーヒーやお茶よりカフェイン量は多いですからね。
それでも眠くなりそうなら途中でもう1本飲みます。

但し飲みすぎると着いても寝れなくなります。

更にトラックのってる頃は SAの自動販売機で オロナミンC飲んでました。
本当はオロナミンCと言えば巨人って感じで嫌いだったんですがね。
でも、オロナミンCは必ず自販機にありますよね。炭酸で気分もすっきりするし、おいしいし。ビタミンCも入ってるし
元気はつらつオロナミンC
15safGhxwzAmU5k6666sid3pTtY7cXPTc58rZ10Q8dXCMc7urfo_WO4y4GJzCETuTusTypoRlASZ5D4MWWsdY9HlMH1valnBFYI2JnyRlMX5cLxBF0aaxwb8jLH2s47Pl6s.jpg


そして、最近のはやりで最もよく効くと感じてるのが途中でピーナツ
P_20180430_100450_R.jpg
コイツをボリボリ食べるとホント目が覚めます。

最近のヒットですね。効果も絶大です。眠くなりそうになった時食べたら眠気が飛びますし、眠くなりません、

但し
P_20180430_100457_R.jpg
600キロカロリーを超えるハイカロリー

これじゃお父さん、痩せられそうにありません・・・。

ちなみに以前やってたのはアタリメ しかし、コイツは臭うし、最近はあんまり効かないのでやってません

他に定番は ガムとか言いますが、私はガムはあまり効きませんので 一応積んでますが気分転換や口が寂しいとき、口が脂ぎってる時ぐらいしか食べません。

その他、禁煙パイポを吸ってた時もありましたね…。

でも、今はピーナツが一番。袋から数粒直接口に入れ もぐもぐやるだけ
楽ちんです。

これだと手も汚れませんし、数粒ずつ食べれば1袋でかなり長持ち。
そして価格も1袋100円程度とお安い。
親切なピーナツだとチャック袋に入ってます。

ちなみに、一時期落ち込んでましたブログのアクセスランキング。
再びランキング圏内の5位になってます。有難うございます。
引き続き頑張りますので、これからもよろしくお願いします

nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:自動車

島根ツアー 松江市周辺 [キャンピングカー おでかけ]

娘のいる島根県松江市に通うようになりました…。

そこで松江市周辺の観光地とおいしいところお知らせします。

まず、広島から松江方面に向かうには国道54号線と中国やまなみ街道尾道松江線を通ります。
しかし、この尾道松江線 宍道の手前、三刀屋ICから有料になり、その先山陰道につながります。
lmap3d.jpg
その先の山陰道も 松江玉造ICから東出雲ICまでは無料でそこから先はまた有料だし…。
更に、東出雲って出雲市じゃなく米子の手前だし…。

いわゆる新直轄方式というやつですね。しかし、国費で全部払うことになるのでどうかと思うんですがね。

高速道路の無料化というのもどこかに行ってしまったし、どうなるんでしょう???
そういえば1,000円乗り放題ってのもありました。
あれはよかったですね。鹿児島まで行っても1000円でした!
関西方面に行くと関西エリアは1000円じゃないので西へのお出かけが多く、でもやはり1000円は魅力的でしたね

そんなこんなはさておき、いつも三刀屋ICから国道54号線に入ります。

国道54号線から途中立ち寄り可能なのが、日本で一番多く39個の銅鐸が出土した加茂岩倉遺跡があります。
更に、この加茂岩倉遺跡がすごいのは、三刀屋から松江方面の松江道にPAがあり、PAから高速を降りずに見学が可能になってるんです。
全国広しと言えども、高速道路のPAから遺跡探検できるところなんて少ないと思います。
http://user.kkm.ne.jp/dotaku39/goriyoaannai.htm
kousokumap.jpg
そして、見学料は無料となってます。


さて、さて、そんなこんなで国道54号線を進み、国道54号線の終点 宍道から国道9号線に入りますが、その近く 斐川町には日本三大美人の湯 湯の川温泉があります。

いくつか日帰り湯とお泊り宿がありますが、私が行くのはいりすの丘
http://www.mishimane.co.jp/16.html
出雲市斐川町大字学頭3646-1
TEL:(0853)72-5526
入浴料は大人600円
この春値上げしたんですよね・・・
400円だったのに。




20131203165652.jpg

20131203161439.jpg

20131203165737.jpg

いりすの丘が締まってる時は、もう少し南に上ると四季荘という宿泊施設も日帰り利用が可能で、こちらは宿泊施設なのでいりすの丘よりも遅くまで開いてます(21:30受付終了 22:00まで)


ちなみに、湯の川温泉の近くには 道の駅湯の川があります
〒699-0501島根県簸川郡斐川町学頭825-2
TEL:0853-73-9327


コチラの道の駅、規模は大きくないですが国道9号線沿いで平坦地にあり便利はよいです。
国道9号線も交通量はソコソコありますが、そんなにうるさくて仕方がないってほどでもありません。
CIMG1712_R.JPG
CIMG1711_R.JPG
お店開店前の画像ですが中国地方の道の駅なので利用者もこんなものですね
CIMG1710_R.JPG
首都圏や、関西圏の道の駅は混雑してますが、中国地方の道の駅は、よほど観光地に近いとか、特別な時期とか、何かない限りおおよそ空いています。

さて、ココの道の駅には近くの温泉にちなんだものがいろいろあります。
こんな美人のお迎えも。。。、
CIMG1714_R.JPG
ほら
CIMG1715_R.JPG
他にも伝説に基づいたオブジェ
神話のヒロイン八神姫
CIMG1722_R.JPG
CIMG1721_R.JPG
CIMG1723_R.JPG
CIMG1725_R.JPG
セクシーなお姫様でこんなお姫様がお迎えしてくれます。
ほかにもきんじょにはいせきがありますのでこんな展示も
CIMG1719_R.JPG
CIMG1718_R.JPG
足湯もあります
CIMG1716_R.JPG
CIMG1717_R.JPG
CIMG1727_R.JPG

さて、道の駅を後にして松江に行きましょう!

他にも松江や出雲周辺には多くの温泉があります。松江道周辺や国道54号周辺は温泉だらけ。
特徴的な温泉も頓原ラムネ温泉や茶色い加多の湯のほか、とても温泉間にはにはたまりません。
こんな河原のひなびた温泉もありますよ
DSC_0367_R.jpg
松江市周辺には有名な玉造温泉もあります
DSC_0394_R.jpg
このほかにも松江に近いのは、松江しんじ湖温泉も
そして松枝と言えば有名なのは宍道湖の夜景
DSC_0349_R.jpg
とてもきれいです

そして、島根と言えばそば
松江城の近くに私のお気に入りの蕎麦屋
そば岡本さんがあります


住所:松江市北堀町142-1
電話:0852-22-1566
営業:11:00~15:00
休日:月曜日
席数:18席
駐車場:3台
P_20180430_131958_R.jpg
普通の民家みたいな外観 いや、外観だけじゃありません
中は他の方がいつもいるので画像はありませんが…
メニューはコチラ
P_20180430_124444_R.jpg
とってもリーズナブル
島根のそばは割後そば
P_20180430_130443_R.jpg
つゆにつけて食べるのではなく、つゆと薬味をそばにかけて食べます。
そして、1枚食べると残ったつゆは次の皿に・・・

そして、もう一つ有名なのは 釜揚げそば
332df568e0b62f4b6d82a1e704c22f0a-960x541.jpg
蕎麦がドロドロの蕎麦湯に入れて出てきます。

最初はそばだけ頂いて、そのあとはつゆを入れて食べます
P_20180430_125938_R.jpg
コレが美味しいんですね

そして、濃い蕎麦湯も出てきます
P_20180430_130520_R.jpg
ここがお気に入りの蕎麦屋さんです。

そして、松江観光で忘れちゃいけないのが国宝松江城

駐車場は、お城の横の松江県庁が便利です。

土日は観光客のために無料開放されてます
P_20180430_132721_R.jpg

ホントすぐ横なんです
P_20180430_132936_R.jpg
お土産物も城の入口 有料駐車場の向かいに物産館があり、いろんなお土産売ってます
index__002.jpg

県庁入口には銅像が
P_20180430_132820_R.jpg
そして銅像の頭には…
P_20180430_132805_R.jpg
鳥さんがお化粧してます

松江城の入り口の銅像はきれいです
P_20180430_134849_R.jpg

では松江城に行きましょう
P_20180430_134827_R.jpg
さて、お城と言えばすごく高いところまで登るように感じますが、松江城はそんなに高くありません
P_20180430_134948_R.jpg
この階段を上るだけ
P_20180430_135025_R.jpg
お城もこじんまりとしてます
P_20180430_135215_R.jpg

お城の周りには小泉八雲の旧邸とか色々あります
P_20180430_132857_R.jpg
堀には遊覧船もあります

このほか場内には天皇陛下がお泊りになられた洋館もあり、無料で見学可能(松江城は天守閣のみ有料)
P_20180430_135337_R.jpg
P_20180430_140411_R.jpg
P_20180430_135417_R.jpg
P_20180430_140233_R.jpg
コチラが陛下のお部屋
P_20180430_140247_R.jpg

そしてなかには松江にゆかりのある方の紹介が
P_20180430_135845_R.jpg

松江七代藩主、松平不昧公も紹介されてますが、ご出身は東京都らしいです。
なかなかウイットに富んでますね

そして、この松平不昧公のおかげで松江はお菓子とお茶処に
更に現在は没後200年ということで盛り上がって様々なイベントが開かれています
https://fumaikou.jp/
松江のご紹介はコチラ


不昧公のご紹介は観光大使の吉田君から




そして、娘の住む松江市内にはあのCMで有名になったベタ踏み坂もあります。
松江と言ってもほとんど境港に近い大根島に架かる橋ですが…。
境港にはおいしい海鮮丼屋さんや水木しげるロードなど観光地もたくさんあります。
esimaoohashi_R.jpg
娘の下宿から約20分です。

ということでほんの一部をご紹介しました

またご紹介しますね!
2581.jpg

ちょっとハイエースネタ外れてますが、いろいろネタは仕込んでるので小出しで・・・
P_20180515_200030_R.jpg
P_20180515_200042_R.jpg
P_20180515_200024_R.jpg
画像の整理が追い付かないんですよね・・・
nice!(2)  コメント(8) 
共通テーマ:自動車

2018 JFE西日本フェスタ in ふくやま [キャンピングカー おでかけ]

先週末、久々の車中泊お出かけしてきました。
(その間にも、会社での飲み会の時、会社の駐車場に泊まったりいろいろしてますが・・・
記事にするような車中泊がなかったんです)

行先は広島県福山市。

この土日は広島市でキャンピングカーフェアがあったのですが、広島は規模も小さく、パーツ店の出店もロータスのみ。
更に土曜は少年野球大会の決勝と表彰式に参加しないといけないうえ、お客さんの新築祝いも持ってお宅拝見に行ったのでそんな余裕はなく、
更に、日曜は年に1回しかない JFE西日本フェスタ in ふくやま

どっちが魅力か天秤にかけて 福山行きました!
CCF20180513_R.jpg
これはJFEが地元の感謝のためにやる工場見学会を含むイベントです。

鈴木亜美や安田大サーカスとか有名人も来ますが、私が行きたいのは
•熱延工場コース(自動車用鋼板の高速圧延を見学)
•形鋼工場コース(H形鋼やレール製造の見学)

かなりの人が訪れ大混雑するイベントですので、会場から5キロ程度離れた、道の駅笠岡ベイファームに夜中のうちに到着し、朝一乗り込みましたが…。

道の駅ではどうやらVWのオフ会が近くであるらしく、深夜1時過ぎに到着しましたが数台のワーゲンバスとビートルが止まってました。
なかには、深夜だからか駐車場でランタンとかテーブル出してる人もいたり、円陣組んでたり…。
我々も道の駅では注意が必要ですね。

更には翌朝5時ごろから おーきな声であいさつし、旧車ですからドタバタ大きな音出してドアの開閉し愛車披露。挙句には大きなボリュームで無線機で話し、会場がもう開いたとかで移動の段どりやらなんやを6時半頃まで、大きな声で話したり、ドタバタしてました。
更には、道の駅の洗面所で選択してる人も…。

さすがに私以外にもムッと来た人がいたようで、あとから文句言ってた人もいました。

集まるなら、道の駅駐車場じゃなく、道の駅から少し離れた横の臨時駐車場にしたらいいのに…。
と、言うことで、道の駅ベイファーム笠岡はこんな道の駅です
CIMG1869_R.JPG
CIMG1870_R.JPG

道の駅横にはポピーが満開で、雨にもかかわらず見物客が多かったですよ
P_20180513_134238_R.jpg

道の駅周辺は干拓地の畑 なーんにもありません
CIMG1868_R.JPG
まだ、ワーゲンバスが残ってましたが…。
CIMG1867_R.JPG


気を取り直してJFE福山工場に向かいます。
駐車場はHPに8時から入場可能とありますが、7時の時点で入場可能でした。
なお、11時、13時も見てみましたが駐車場は敷地が広いので満車になることはありませんのでご安心を。


さて、会場に入った後はいよいよ工場見学です。
工場見学にはバスで向かいますのでバスの発着場に並びます。
CIMG1872_R.JPG
バス発着場に向かい途中ゆるきゃらショーやってました。5レンジャーの現代版?
CIMG1871_R.JPG

コチラの工場、初耳学でもやったそうです
CIMG1873_R.JPG
バスの車内には場内を縦横無尽に走る製品運搬用特殊車両がいて、乗り物好きにはとても楽しいです。
CIMG1875_R.JPG
CIMG1876_R.JPG
CIMG1877_R.JPG
最初は圧延工場ですが、ココはこのようなロール状の鉄板を作っています
CIMG1874_R.JPG

バスを降りると目の前ですでに火が見えます
CIMG1880_R.JPG
工場の概要はこんな感じかな
CIMG1881_R.JPG

炉から出てきた鉄板をいくつかの機械にかけて延ばします。
CIMG1883_R.JPG
CIMG1884_R.JPG
CIMG1885_R.JPG
CIMG1896_R.JPG
CIMG1893_R.JPG
CIMG1897_R.JPG
CIMG1898_R.JPG
炉から出てきた状態は10メートルぐらいの板が、ロールになるまで伸ばします


工場の中はこんな感じ

ほんの10メートル程度の塊が750mに延ばされ巻かれます

そして、この巻物が次から次にできてくる。すごいですね
CIMG1912_R.JPG

熱い鉄から作った板をコイル状に巻いて在庫置き場に並べます。
圧巻ですね


これで圧延工場はおしまい
CIMG1918_R.JPG
工場の横には業務用車が止まってますが、やはり鉄粉が飛ぶのか天井はサビサビです
CIMG1919_R.JPG
バスでスタート地点に一度戻り、次にバスを乗り換えてH鋼の製造ラインを見学します。

しかし、工場内はひろいですね
CIMG1922_R.JPG
まぁ、鉄鉱石や石炭の輸入から鋼材の出荷までですから、そりゃ大きいのは当たり前ですが。

さて、次のH鋼の工場、こちらはH鋼やレール作ってます。
熱せられた炉の中から10メートル程度の材料が出てきます
P_20180513_114430_R.jpg



これを何度か機械に通してどんどん長く、そして整形していきます
CIMG1925_R.JPG
CIMG1926_R.JPG
P_20180513_115601_R.jpg

完成後の鋼材、ほんと長いし、そしてラインで飴のようにクネクネ曲がりながら移動する姿凄いです


そして、在庫として自動整理する動画です


完成後は、こちらもものすごく長くなるので切り分けて、発注ごとに整理されます。
しかし、完成後はまだ赤いです。
P_20180513_115644_R.jpg

P_20180513_115845_R.jpg
どちらの工場も見学通路はアチチでした。


興味を持たれた方。毎年この時期にやりますので是非来年どうぞ!

nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:自動車

うちのお正月 [キャンピングカー おでかけ]

皆様、再びあけましておめでとうございます。

我が家のお正月は、娘が1月1日、2日と模擬試験がありお出かけできず…。

親ばかのbankerkonは朝に夕に娘を送ってきました。
会場は、私が以前非常勤講師を務めていた某私立大学ですので勝手は知れたもの。

娘の学校と同じ市立高校でも進学校の基町高校は先生が来て、幟旗まで立てて応援してくれてますが、うちの娘の学校は学校通じて半強制的に申込みした模試にもかかわらず…。
AS01M_20180101_095610_R.jpg
そして、我が家の場合、受験で最も大切なのは神頼み。
予め年末に会社から持ち帰った5円玉1本を娘に託し、私は同じく持ち帰ったサラの諭吉と言いたいがそこは大人の事情。だって、うちは慶応大学なんて受けないし。諭吉なんて関係な~い
両方を持ってお隣山口県へ向かいます。

向かったのは、日本三大天神の防府天満宮。
御祭神は勿論、菅原道真公です。

ただ、受験の神様ですから、普通に行くと大混雑。
更に神頼みに勉強時間を削っちゃ意味無いですから、お出かけはお勉強が終わった11時から。
チビと嫁はいつもの通り、目が覚めたら…で夢の世界です。

久々のプチドライブに、ウキウキし国道2号線を西へひた走ります。
我が家から夜なら約3時間のドライブで、深夜2時前には防府天満宮駐車場に到着。
ここはフラットなので車中泊には最適!

到着後はFFヒーターのお陰でポカポカハワイの車中泊です。
いつも、暑くて夜中に目覚めるんですが、今回は大人になってダイヤルは低めで朝まで快適睡眠。

ぐっすり眠って目が覚めたら7時。そうこうしてる間に日の出の時間。
初日の出じゃないですが、神社で見る日の出はなんか清々しい!
AS01M_20180103_073022_R.jpg

いつもなら寝過ごすんですが、家族3人一緒に起きて日の出拝むなんてこりゃ、なんか良いことありそうです。
AS01M_20180103_073930_R.jpg
天満宮の梅園からの日の出です。
AS01M_20180103_073939_R.jpg

この時間だと駐車場はガラガラ
AS01M_20180103_073622_R.jpg

日が昇ると急速に明るくなるので出すもの出して、さぁお参りです。
AS01M_20180103_074026_R.jpg
さすがにこの時間だと駐車場もお宮もガラガラ。
AS01M_20180103_074447_R.jpg
ゆっくりお参りできます。

ただ、お宮は開いてますが、名物梅が枝餅屋さんはまだ開いてません。
他のテキ屋さんは開いてるとこあるんですが…。

手水舎で清めて、記念撮影
AS01M_20180103_074511_R.jpg

道真公ゆかりの牛の頭を撫でて頭が良くなるようお願いしますが、もう、今更遅いなんてツッコミも入れられず…。
AS01M_20180103_074346_R.jpg

昇段祈願をお願いしたらと言いましたが、いつもと同じが大切と、訳分からんこと言う娘に従い参拝を終了。

お守り買って、絵馬書いてきました。
AS01M_20180103_080700_R.jpg
どうやら、仙台の大学も福岡の大学もやめて、南九州の某大学を目指すそうです。
望遠鏡の数が決め手だとか…。火山灰で大変だろうに。
まぁ、受かっての話ですがね。合格すれば南九州への出動回数増えそうです。
鶏のたたきや炭火焼たくさん食べれそうです。
あ、しろくまも食べれるぅ。

ファイト娘!

お参りの帰り、本殿裏の末社にお参り。

昨年の大河ドラマ?吉田松陰の娘 文(ふみ) 夫婦の像で遊び
AS01M_20180103_082118_R.jpg
AS01M_20180103_082202_R.jpg
AS01M_20180103_082213_R.jpg
その後、嫁と仲良く写真撮影。
AS01M_20180103_081824_R.jpg

本来からこのあと湯田温泉に行く予定が、娘の帰って勉強すると言う、速攻で現れた神頼みの効果に負け高速走って家に帰り、ひとり勉強部屋に籠るわが子を差し置いて私は笑ってはいけないアメリカンポリスをまさに、笑ってはいけない状態で見たのでありました!

帰りにはこんなラッキーな看板も見つけました!
コイツは正月から縁起がいい
AS01M_20180103_083451_R.jpg

そして、4日から早くもお仕事。
4日は若者を引き連れ氏神様へ初詣。
広島市西部の氏神広瀬神社へ
https://www.hirosejinjya.jp/
ここは美の神と、金運の神です。
ご朱印も変わってて面白いです。
image.jpg
お仕事の安全祈願と隆盛を昇段し祈願していただきましたが、玉串奉奠では娘の合格を祈願しちゃいました。

4日、5日はあいさつ回りであっという間に終了

この連休も初日は49日を迎えるワンコの墓参りに行ったり、会社のテニス仲間のお姉さま達とテニス初打ちに行ったりドタバタした上に、相変わらず模擬試験試験のお迎えやら、インターネット出願のお手伝いとか…。
しかし、最近の大学はネットで出願なんですね。
私の時は、町の本屋に出掛けて願書買ってましたが。

滑り止めの京都の某私立大学の受験手続も完了し、あとは今週末のセンター試験を待つのみ…。
しかし、鉄分の多い親不孝の私は広島会場で受験できるのひた隠し、ブルートレインに乗りまくり移動をエンジョイしてましたが、出不精のうちの娘は国立以外は全て広島受験。塾も行かずなんて親孝行な娘かと涙ちょちょ切れます。
それで国立落ちたら、一気に元取られますが…。
特に失敗しなければ…と先生には言われてますが、やっちゃうんですよ、うちの娘は。
だから、神頼みが大切なんです。
おっと、今回はかなり親バカブログデス。

しかし、ブログも始めたのは娘のおかげ。
私のパソコンでゴソゴソやってると思ったら、皆さんのブログ徘徊して教えてくれたのはむすめでした。
最初のヤフーブログは娘が打ってくれてたし。
大きくなりました!

そして、連休最終日はお勉強する娘をおいて、買い物と偽り私は近所のスーパー銭湯 満天の湯へ
〒731-0292
広島市安佐北区可部7丁目4-13
スーパーマルナカに併設されたスーパー銭湯で敷地内には24時間営業のTUTAYAがあるほか、飲食店もお好み焼屋(生めん使用)、や地元の回転寿司店などいくつかあり便利です。
お寿司屋さんは瀬戸内の魚にこだわったおいしいお寿司屋さん。
福山本社で私も社長さんには大変お世話になってます。
http://susi-maru.co.jp/index.html

スーパー銭湯の営業時間も10時から23時まで、駐車場も大型平面駐車場がありバスコンでも駐車可能です。
image1.jpg
image2.jpg
露天とサウナ付は900円ですが、内湯だけなら450円です。
車中泊場所に加え、お風呂の少ない広島市内では貴重なお風呂です。
スーパー銭湯内にも食堂があります
image3.jpg
image4.jpg
実は、ココ普通のスーパー銭湯ですが、この敷地の約100m離れたところでは温泉が出てるので、ココも実は冷泉じゃないかと思います。入湯税の関係で温泉を謳ってない?そんなはずはないかぁ。

ってことで、来週はセンター試験ですが、娘ががんばってる間、お父さんはハイエースネタでブログ更新します。
それでは今年もよろしくお願いします。
img_0.gif

コメント(8) 
共通テーマ:自動車

獺祭 旭酒造に行ってきました! そのあとは美都温泉に [キャンピングカー おでかけ]

獺祭(だっさい)ってご存知ですか?
top_lang_main_img.jpg
お酒好きな方、保守の方、そのほかの方も聞き覚えがある方も多いと思います。

いわゆる愛知県 高木酒造の十四代や、
54866ad809.jpg
福井の黒龍などと同じ
kokuryu_640_300.jpg
プレミアム日本酒&プレミアム焼酎ですね。

先日、広島市中区の中島康三郎商店に行ったときに黒龍石田屋 おいしくいただきました。
中島康三郎商店はいつでも黒龍が飲めます。

そして、お店の名前は明かせませんが、西区のとある駅の近くにはいつでも十四代が飲める居酒屋があります。
行きたい方は、ブログでの公開は厳禁ですのでお会いできればご紹介します。

おっと、話がそれてしまいましたね。獺祭に話を戻しましょう。
獺祭は安倍総理の地元山口県のお酒ですが、安倍総理がオバマ大統領へのお土産としたことや、
エヴァンゲリオンの葛城ミサトが愛飲してること、
yjimage3.jpg
yjimage.jpg

海外の三ツ星レストランのワインリストに載っていることなどで有名です。

旭酒造
https://www.asahishuzo.ne.jp/
img_top-main2013.jpg



〒742-0422
山口県岩国市周東町獺越2167-4|
TEL(0827)86-0120
FAX(0827)86-0071
かなり山の中です。
酒蔵の見学も衣装代200円のみでOK、試飲も日本酒だけで焼酎はダメですが300円で可能です。
この近くに、いくつかキャンプ場もありますので、オフ会してみんなで酒蔵見学なんかも良いですね。

その他、トヨタ車体のハイエース工場見学してお泊りなんてハイエースオーナーらしいオフ会なんかもしたいなぁ、なんて考えるんですが、さすがに愛知県のオフ会は主催できないですね…。

閑話休題

お世話になった方へお届け物として持参するため獺祭にお買い物に行きました。
山の中にいきなりあらわれる旭酒造本社
AS01M_20170401_140833_R.jpg
AS01M_20170401_140837_R.jpg
立派な建物ですね。
入手困難な獺祭の増産のため、本社以外にも近隣にはいくつも獺祭の工場ともいえる酒蔵が点在しています。

さて、本日の目的地はこの本社の真向かいにある直売所 獺祭ストアです。
AS01M_20170401_135858_1CS_R.jpg
築100年以上の古民家を改造したおしゃれな建物です。
05.jpg
https://www.asahishuzo.ne.jp/barstore/yamaguchi.html

お店の入り口にはこんなおしゃれな看板が
AS01M_20170401_140623_2CS_R.jpg
調子に乗って
AS01M_20170401_140635_1CS_R.jpg

獺祭の名物は磨き2割3分
dassai23_2016.jpg
1.8L/10,285円 720ml/5,142円
23%(77%)という極限まで磨いた山田錦を使い、最高の純米大吟醸に挑戦しました。華やかな上立ち香と口に含んだとき のきれいな蜂蜜のような甘み、飲み込んだ後口はきれいに切れていきながらも長く続く余韻が特徴です。

お米をこんな風に磨いて(削って)お酒にします。
歩留まり考えると高くなるのはわかりますね。(削った残りは米粉として加工品に使われますが)
AS01M_20170401_140438_1CS_R.jpg
写真の左が玄米。一番高い2割3分は右端の状態まで磨きます。
ちょっとお安い3割9分もここまで磨くんですね。

更にこの2割3分も普通通り絞るんじゃなく遠心分離にかけて雑味を無くした二割3分遠心分離なんてもっとお高いお酒もあります。
一方で等外の山田錦を使ったリーズナブルなものも売ってるのは直売所ならではですね。これなら自宅でも気軽に飲めます。

さて、当日は巷ではなかなか手に入れられない焼酎もたくさん在庫がありました!もちろん定価です。
yjimage.jpg
yjimage2.jpg
ただ、出てるだけということでしたが・・・。

獺祭のフラッグシップ
720ml/32,400円の磨きその先へもありました
img_sonosaki.jpg

旭酒造は山口県東部の観光名所、錦帯橋から約30分
宮島からも下道1時間ほどですので
お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

そして、美都温泉にも行ってきました。
獺祭ツアーとは別にです。

最近のマイブームは金曜の夜に家を出て車中泊し美都温泉の朝ぶろに入るパターンです。
美都温泉は朝5時からオープンしていますので朝ぶろには最高です。
AS01M_20170408_062539_R.jpg

先々週も行きましたが、RVパークに1台、駐車場に1台車中泊のキャンカーがいましたが、昨日は誰もいませんでした。

RVパークはこんな感じ。隣に24時間利用可能なトイレがあります
AS01M_20170408_061946_2CS_R.jpg

お風呂はコチラ
AS01M_20170408_061917_R.jpg
AS01M_20170408_062039_R.jpg

温泉前の川沿いはきれいな桜が咲いてました
AS01M_20170408_062046_R.jpg

入浴料420円はリーズナブルですね
AS01M_20170408_062521_R.jpg

詳細は過去記事をご覧ください
http://kon-diet.blog.so-net.ne.jp/2016-12-28

コチラ、というか、島根県に行ったときに是非飲んでいただきたいのがクボタ牛乳
AS01M_20170408_074153_R.jpg
AS01M_20170408_074209_R.jpg
AS01M_20170408_074230_R.jpgAS01M_20170408_074330_R.jpgAS01M_20170408_074330_R.jpg

ここの牛乳は最高においしいので山陰に行くといつも爆買して帰ります。

nice!(2)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
前の10件 | - キャンピングカー おでかけ ブログトップ