So-net無料ブログ作成

スマホが割れた&FJシューズの鋲交換 [日記]

先日、会社の歓送迎会があり夜の街 流川へ…。

楽しいお酒を飲んだ帰り道…。
手からするりとスマホが落ち画面が…。
11P_20190414_081253.jpg
スマホ交換しました。
しかし、スマホがないと不便ですね…。

そして、最近毎月必ず何度か出かけるゴルフ
相変わらず、煩悩と仲良しです。
そんなスコア改善に、ふと足元を見ると 愛用のFJシューズ 鋲がちびてました。

早速交換です。
レンチで外しますが、泥などが入っておりなかなか外れません。
かなりの力を必要としました。もう少し早く、ちびる前に外せば楽だったと反省…。
穴を水洗いして 再びレンチで鋲を取付します。
汚れのない穴はこんな感じ
11CIMG2837.JPG
ドロドロの穴はこんな感じ
11CIMG2838.JPG
11CIMG2840.JPG
泥が乾いて固まってます

穴の位置により綺麗と汚いが混在
11CIMG2841.JPG
水を付けて使用済歯ブラシで洗うとすぐにきれいになります。

ちびた鋲はこんな感じです。かなりちびちゃってます。
11CIMG2846.JPG

踵部分のみ取り付けたところです
11CIMG2847.JPG
取り付ける際の要注意点
鋲を置いてレンチを回したら取付できます。
但し一度回して、ロックされてもこのように不完全で隙間が空いています。
11CIMG2848.JPG
そこから更に回してロックすると完全に固定されます。(隙間がなくなります)
11CIMG2849.JPG

実はこの後 ゴルフに行くとベストスコアが出ました!
靴のおかげ?
たまたま?

いつの間にかちびてた鋲 交換しプレーしたらスコアが伸びました。
ドライバーのミスが減ったのは気のせい?


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

近況 [日記]

新聞に載ってたのでご存知の方も多いと思いますが転勤しました。

で、ドタバタが続きブログ更新 本日もできませんでした。
スイマセン

今度は市役所のすぐ近くで働くことになりました・

と、いいながらも 本日はお出かけしちゃいました。

桜満開のお出かけ良いですね。

この春、新生活を始めるみなさんおめでとうございます。

皆様にとりまして、実り多き新年度になることをお祈りしております

そして こんなおめでたいものも頂きました
line_1554206238544.jpg
nice!(3)  コメント(10) 
共通テーマ:自動車

最近のこと・・・ [日記]

年末です。皆さんもお忙しくされてますかね。
もうすぐクリスマス
bankekronも頑張って働いてます。

そんななか、先日 シンガポール国立大学の学生さんが来広され、日本文化体験ということで私のお客様である和裁屋さん㈱勝矢和裁さんにご協力いただき着付け体験させていただきました。
P_20181213_150545_R.jpg
美女に囲まれデレデレしてます

お客さんとは社長さんとお会いすることが多いので、仲よくしていただくのも社長さんが多いのですが、こちらの勝矢和裁さんとは従業員さんみなさんとのお付き合いで、両社合同で社員が集まりうちの駐車場焼肉大会もしました。
従業員さんも経営者の皆さんも皆さん良い人ばかりで…。
かわいがってもらってます。
皆さんも和服のお仕立て等ありましたら是非ご用命ください
https://www.katsuyawasai.com/

そのほか、安芸高田市にある別のお客様の工場見学に行きました。
そして終了後社長様に安芸高田市吉田町の毛利元就のお墓にご案内いただきました。

お墓には百万一心の石碑があります。
P_20181213_131335_R.jpg
P_20181213_131355_R.jpg
百万一心とは、毛利元就が郡山城を築城する際に、これまで人柱を立てる(埋める)のが当然でしたが、毛利元就はこの百万一心の石碑を埋めて人柱を立てなかったんですね。
百万一心 とは 一日一力一心 とされてます

百万一心 Wikipediaより
百万一心とは、「百」の字の一画を省いて「一日」・「万」の字を書き崩して「一力」とすることで、縦書きで「一日一力一心」と読めるように書かれており、「日を同じうにし、力を同じうにし、心を同じうにする」ということから、国人が皆で力を合わせれば、何事も成し得ることを意味している。吉田郡山城の改築で本丸石垣の普請が難航したときに、人柱に代えて、本丸裏手の「姫の丸」(姫丸壇)にこの句を彫り込んだ石を埋めたところ、普請は無事に終えられたと伝わる。同じく毛利元就の教えとされる三矢の教え(三子教訓状を参照)と共に、一致団結の大切さを訴えた教えとされている。
この石碑は、文化13年(1816年)に長州藩士だった武田泰信が姫の丸で発見、拓本の要領で写しを取った後に、明治15年(1882年)に写し取った拓本を毛利元就を祀る豊栄神社(山口市)に奉納した。ただしこの逸話は、毛利家文書や閥閲録その他の一次史料には記載されていない。
その後、吉田全町をあげて郡山全山を探索したものの、礎石の実物は発見されなかったため、観光パンフレットなどには「郡山城最大の謎[5]」と書かれている。昭和6年(1931年)には、吉田郡山城跡の中にある毛利一族の墓所境内に、その拓本を元に模刻した石碑が建てられた。

毛利元就と言えば三本の矢とか有名ですね。
大河ドラマにもなりました

そのお墓が安芸高田市吉田町にあります。
P_20181213_132142_R.jpg
P_20181213_131731_R.jpg

苔むすとても雰囲気の良いところです
P_20181213_131045_R.jpg
P_20181213_131942_R.jpg
P_20181213_131731_R.jpg
P_20181213_131521_R.jpg
後ろの白い木が墓標とされた木ですが既に枯れています。
P_20181213_131537_R.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

松江 水郷際と砂出しボランティア [日記]

昨日は豪雨災害以来続くボランティアに続いて夏休みで帰省する娘を迎えに行きました。

重機がレンタルできなくなったので、私もお役御免と言いたいところですが、まだまだ床下は泥がたくさん。
私の友人のところは床上浸水ですので、水が引いたら泥だらけ。
床の上も下もドロですが、床下の泥の堆積がすごい。
災害から約1か月が経過しますがまだ床下の泥は乾いてないところもあり、床下が田んぼのようなところもあります。
ボランティアさんに手伝ってもらいだいぶドロだししてますが、床板をはがしてなかった部分は手つかず。
今回さらに広い面積の床下をはがして泥出しました。
P_20180804_085826_R.jpg
既にボランティアがどけた後なのに、さらに追加で土嚢袋がどんどんいっぱいになります
P_20180804_085908_R.jpg
腕がパンパンですね。
砂埃がすごく花は真っ黒で、さらに泥がこれまた臭い。
そこで活躍したのが3Mの医療用マスク(結核菌にも対応するN95マスク) いつもの師匠が送ってくださいました。師匠有り難うございます。
P_20180804_082511_R.jpg
line_1533338745553_R.jpg

これ、玄関の上がり框ですがドロドロです
P_20180804_085854_R.jpg
庭もだいぶ除去しましたが隅の方は手でやらないといけないのでまだ残ってます
P_20180804_085846_R.jpg

まだまだこの地区は泥水なので良いですが、土石流直撃の地域は真砂土の土砂が床の上に積もってます。
そんな地域はほんと土だしが大変です。

ちなみに、土嚢袋に入れる時は底を抜いたペール缶を土嚢袋に挿すのが有名ですが、ペール缶は重たいので私はダイソーのポリバケツを使ってます。
カッターで底を抜くだけです。
こんな感じですね!
P_20180804_065836_R.jpg
P_20180804_065840_R.jpg
P_20180804_070017_R.jpg

そんなこんなで肉体労働に励んだのち、2時には作業を切り上げて、夏休みを迎える愛娘をお迎えに松江に行きます。

昨日は松江水郷際。宍道湖湖上での花火大会です。
宍道湖に浮かぶ台船から打ち上げたり、湖面に投入されます。
2018suigousai_saisyuu.jpg
2018suigousai_ura.jpg
広島も宮島の花火大会や宇品の花火大会など花火大会がありますが、どこもすごい人。

宮島の花火大会なんて、今年はJRが間引き運転なので帰れない人が出るかもって中止になりました
人は確かに多いですが、それでも直前に到着してのんびり見れる程度。
良いですね。
P_20180804_200058_R.jpg
P_20180804_200545_R.jpg
P_20180804_200609_R.jpg
P_20180804_203848_R.jpg
P_20180804_203726_R.jpg




癒されました!

そうそう、先日のエアコンの工作
実はかなり効果がありまして…。結構おすすめです

nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:自動車

新聞に載るような… bankerkonの日常 [日記]

昔は親から新聞に載るような悪い人になっちゃいけない…と言われてましたが
時々新聞載りますが、今回また写真付きで記事になったので転載します
line_2.jpg
時々聞かれるbankerkonの日常。
これで少しわかるかな?

最近は、土日は土砂堀り。
平日はほぼ毎日のように流川への出勤。
広島の方だとお分かりいただけますが、流川という大きな川に毎夜溺れております…。

毎日の暑さに半分ばて気味ですが…。

ネタも少々仕込んであるんですがね、なかなかUPする暇もなく
ということで、つなぎのネタと言う噂もありますが…。

今日もこれから土砂堀行ってきます。
午後は早めに終了し、夏休みになった娘をお迎えに松江に行ってきます。

今宵は松江の水郷花火大会もあります

お盆も休まず仕事です。
そして毎年マジック店頭を前に足踏みするカープ
今年も例年通り足踏み開始です。
今月は23日マツダスタジアムにいきます。
9月も13日行きますのでどうせならそのとき優勝して欲しいなぁ
Carpがんばれぇ

因みに広島人は広島カープとは言いません
お好み焼きも広島焼きとか広島風とかも言いません

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

更新できずごめんなさい こんなことしてます [日記]

大雨以来、更新があまりできず・・・。
母の愛車ミラはセルモーターを交換するも症状が回復せず、結局セルモーターへの配線をリレーで強化し復活させました。

夏の暑さで配線が抵抗となりエンジンがかからないなんてことがあるんですね…。

そんなこんなのbankerkonですが、先日の災害以来、毎日こんなことしてます。
P_20180716_150007.jpg
昔取った杵柄!

ミニユンボで自分で泥を掘ってダンプに積み、これまた自分で土砂処分場へ自分で運ぶ…。
休日は毎日これやってます。
P_20180716_150025.jpg
他の方は手で土嚢に入れてるのでそれに比べればかなり楽してます。

ただ、大型ダンプもおおきなユンボも入れず、小さな車と機械で作業は地道なんですよね…。

やってる場所は親友の奥さんの実家。
東広島市八本松町志和ですが、床上1メートル弱浸水しました…。

ご近所さん、どうやら私のお仕事ことを建設業者だと思ってるみたいでいろいろ注文が来ます。
ハイエースもどうもお仕事車だと思われてるみたいで。。。

はいはい 本日も頑張りますよ!

って、仮に建設業でも土木と建築、解体は業種がまったく違うんですがねぇ
床の張替、納屋の解体…。
何でもやってますが。
がんばってます。
nice!(3)  コメント(8) 
共通テーマ:自動車

ついにスマホに [日記]

永らくガラケーを愛していた私。

愛用のガラケー、どうも調子が悪く 時々電話の声に モザイクがかかるようになり…。
どこもに聞くと既にガラケーは生産中止。
新機種に変えると料金プランも変わるということで20年以上愛用したドコモを卒業することにしました。

データ端末で使っていたタブレットはOCNモバイルONEを契約していました。
1日110Mまで税別900円でした。
速度調整ボタンがあり200kbpsに速度を落とするデータ消費しませんでした。
なので、OCNモバイルONEにしようかと思ってましたが…。

今回は楽天モバイルにしました。


楽天スーパーホーダイにすると

楽天でんわ


楽天でんわの利用で5分かけ放題が無料
月々2Mまでの通信料込で
楽天会員なら1年目1480円
そうじゃなくても1,980円
2年目以降も2,980円
そして、決め手はこちらもスピード調整ボタンがあり、速度ダウンすれば通信料を喰いません。
そして、スピードダウンした時の速度は1Mbps
これなら動画も普通に見れます。
但しお昼と夕方1時間のずつは300Kbpsです。

いろんなことがストレスなく使用できるスピードです。

そんなこんなでLINEがリアルタイムでできるようになりました!

設定もオンラインで申し込みし
送られてきた説明書に従い登録し
CIMG1636_R.JPG
記載の電話番号に電話すると15分でMNP完了。

ちなみに、SIMフリースマホは 近所の電気屋で1万円で買ってきた
arrows M02
おサイフケータイもついて便利です。

しかし、使い方がわかりません。

続報
そして、なぜかLINEがリアルタイムに来る時と来ないときがあるんです。
普通にリアルタイムに着信する時もあるかと思えば。LINEを開いた時に一気に通知が来る時も…。
なぜなんだー!
nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:自動車

謹賀新年 ブロ友さんと新年早々プチミーティング [日記]

明けましておめでとうございます。
デザイン2.jpg

寒い寒いと言いながらもあまり雪は降らず…。
そういいながらも平成30年がやってまいりました。
年初から株も大発会でいきなり700円を超える上昇。

酉年はバタバタすると言いますが今年はどんな年になりますやら。

しかし、今年が皆さんにとって良い年となりますようにお祈り申し上げます。

本年も引続きbankerkonをよろしくお願い申し上げます。

さて、年始に九州よりブロ友さんのAZFさんが中国地方にお越しになりました。

出雲大社へ参拝の後、わが地広島へお立ち寄りいただきプチミーティングを開催。

車中泊好適地の少ない広島市内で希少な我が家の第二駐車場である某公園駐車場を車中泊地としてご案内し、プチミーティングを行いました。

AZFさん、元気なちびっこ2人組と奥様の4人で来広されましたが、プチミーティングは夜間でしたのちびっこにはお会いできず…。
S__17694735888_R.jpg
元気でファンキーなちびーズ ぜひ次回はお逢いしたいですね。
なんせ、どうやら私はキャンピングカーの先生と呼ばれているそうで・・・お恥ずかしい

さて、ここでAZFさんのご厚意により愛車紹介させていただきます。

さすが、最近のものは優れてます。
ナビで周辺の給油所の販売価格が検索可能だそうで…
S__17694733_R.jpg 

IT音痴の私にはうらやましい限りです。
その他にもいろいろ機能があるようで・・・
S__17694732_R.jpg

レー探も、最近はステルスレーダー主流で意味が低下している分機能は増加
S__17694730_R.jpg
OBRDⅡ端子からいろんな情報をとって表示するみたいです。

私もあたらしい車欲しくなりました・
スパロンですが後方視界確保のため、モニターを設置されるほか
S__17694727_R.jpg

洗濯物が干せるよう、車内に複数のカーテンレールを設置 これはナイスアイデアですね・
カーテンレールに複数の洗濯バサミが…。
S__17694726_R.jpg
皆さんのお車。ほんと工夫がいっぱいです。

今回はゆっくり拝見できませんでしたは次回は更に見学させていただきましょう!

そして、最高の装備は
S__1769473955_R.jpg
ちびっこですね!

キャンカー仲間が集まるとあっという間に時間が過ぎ。。。

S__17694736333_R.jpg
AZFさんとの楽しい時間はアッと言う間に過ぎました!

こういう楽しい出会いがあると、やはり今年はオフ会しなくちゃ!と思うbankerkonでした。

そして、AZFさんにはおいしいお菓子と、娘に太宰府天満宮のお守り+交通安全お守り頂いちゃいました。
お心遣い有難うございました。


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

けん引二種免許取得記④ 広島運転免許試験場の巻 一発受験の方必見  [日記]

ちょっと長くなってきましたが、今回が最後ですからもう少しお付き合いください。
ここからご覧になった方の為に
牽引二種免許取得記①はコチラ
http://kon-diet.blog.so-net.ne.jp/2017-10-12
けん引二種免許取得記②はコチラ
http://kon-diet.blog.so-net.ne.jp/2017-10-14
牽引二種免許取得記③はコチラ
http://kon-diet.blog.so-net.ne.jp/2017-10-16


画像位置の確認のためコース図貼っておきます。
AS01M_20170815_104259_R.jpg

さて、話がそれますが 広島運転免許試験場は広島県警の設備です。
以前の練習時に見ましたが、今回も後ほど記事にて触れますが白バイ隊員が練習してました。更に試験場の横には警察車両の置き場があり、更にそこには廃警察車両の置き場があり、パンダや覆面のパトカーの墓場となっています。
試験場コース下見で歩いてるとついそちらに目が行ってしまいます。
覆面のクラウン(速度取締用 天井反転パトライト仕様)、機捜のレガシイ、パンダなどいろんな車の横に事故して潰れたパンダが…。
画像⑮
AS01M_20171011_121450_R.jpg

金網の隙間から…
AS01M_20171011_121512_R.jpg
頑張ったパトカーさんたちです。

そんなこんなで気を取り直して、コースの紹介です。

右折して外周に入ったら、第1通行帯を進みます。
外周に完全に入るまでは徐行。外周に入っても安全速度は30キロですので注意しましょう。
カーブが終わると指示速度50キロですので、早く加速したい気持ちはわかりますが、安全速度を超えたらいけませんので我慢の運転です。(あくまでも、安全速度なので超えたら即アウトということはありませんが)

コーナーが終わりすぐに加速を開始。ここはギアも5速まで入れてしっかり加速しましょう。大切なのはメリハリです。
これから、指示速度50キロ、進路変更、減速、確認、進路変更、コーナー、右折と続きます。
この直線の横では今日も白バイ隊員が訓練してました。
AS01M_20171011_121659_R.jpg
今日はどうやら新人の白バイ隊員ぽかったですね。
AS01M_20171011_121839_R.jpg

画像⑯
AS01M_20171011_121601_R.jpg
外周の進路変更は中央の信号のある道路を過ぎたあたりから①ルームミラー確認、②右合図(3秒以上)、③右ミラー確認、④右後方目視確認、⑤進路変更で第二通行帯へ移動します。
進路変更の時はなぜか振出確認は不要です。大型だと私はしますが…。これをするとわき見をとられる可能性があるそうです。
再度、①ルームミラー確認、②右合図(3秒以上)、③ここらあたりで安全速度の標識がくるので標識までに安全速度35キロまでポンピングブレーキで減速④右ミラー確認、⑤右後方目視確認、⑥進路変更で第三通行帯へ移動します。
次は右折ですが、カーブ曲がってすぐ右折ですので右折場所30メートル手前では進路変更が完了している必要がありますから、カーブ手前で進路変更を完了させましょう。
カーブが済んだら左振出、右巻き込み確認の後右折し、見通しの悪い交差点へ進みます。
見通しの悪い交差点は左折するので、外周からの右折進入時は既に左に寄せ、縁石との境から5センチ程度に寄せておきましょう。

見通しの悪い交差点に近づく前、乗用車1台分手前で、これまた右振出、左巻き込み確認を行いますが、その前に壁の始まり部分を通過するときに、ミラーが当たらないかちゃんと見てますよというパフォーマンが必要です。(前だけでなく、ミラーを見るだけですが…)
(大前提として、すぐ左折するから右折で進入した時から左に寄っておく必要があります。寄ってなければ合図出して3秒後によらなきゃいけません)
見通しの悪い交差点は徐行ですので、外周から右折で入り一旦加速した後減速し交差点へ進入します。
画像⑰
AS01M_20171011_122039_R.jpg
ココもきちんと左後輪を縁石との境目にきれいに沿わせ等間隔を保ったまま左折します。
また、ヘッドの先端が交差点に進入する前から、両横が見えて、安全が確認されるまで最徐行でゆっくり進みます。ここは慎重にやりましょう。そして、カーブ曲がる時、反対に膨らませて切る事は厳禁です。意外と癖である人がいます。(方向変換から出る時はオッケーです。)
左折も壁がありますが気にせずしっかり寄せて曲げましょう。ポイントは縁石との境界に沿わせることです。
そして、見通しの悪い交差点を曲がったら次はすぐに右折です。

画像⑱
AS01M_20171011_122048_R.jpg

ここら辺に来ると、12時から13時の真昼間ですから暑かったし画像撮る枚数が減ってますね。すいません

ココも右折すると第1通行帯(左端)へ入りますが、すぐに左折が待ち受けてるので、左へ寄せ、路側帯の線を踏んづけたまま信号まで進み、右振出、ミラー、目視確認。左巻き込みミラー、後方窓からの目視、ドアの小窓からの巻き込み目視確認し、交差点で左右を確認したうえで信号を左折します。信号が青でもちゃんと顔を振って確認が必要です。確認したよ!って、なんならパフォーマンスも。
(ちなみに、外周の路側帯は絶対踏んではダメですが、そのほかは左折時はすべて踏んでもOK。)
信号を左折したらすぐ左折ですからあらかじめまた左に寄せて、路側帯の中を走ります。左折完了後膨らまないために、気持ちヘッドは曲がり過ぎて戻すような感じですね。そうしないとトレーラーは境界に沿って進みません。ちなみにトレーラーが振られてなければふらつきにはなりませんから、徐行で膨らまないようにしっかり注意してクリアしましょう。
方向変換コース入口を過ぎ、外周路を左折しますが、その前も、交差点進入前に右の振出をミラー、目視で確認し、左の後方をリアの窓から、左ミラー、ドアの小窓で巻き込みを確認し、左右を確認します。ここも、左折、左折が続くので膨らまないこと、確認を怠らないなど注意が必要です。

再び、外周道路に向け左折し入りますが、左折するとすぐに障害物がありますので、これを右に避けましょう。
画像⑲
AS01M_20171011_122244_R.jpg
左折し、真っ直ぐになったらすぐ位のところに障害物があります。
ココは右合図をだし、右に避けますが、ボディが中央線を越えることとなります。
従いまして、進路変更のための右後ろの確認のみでなく、先方から第2、第3通行帯を走ってくる車がないか確認が必要です。
もし、第2、第3通行帯を走って車があれば、障害物の手前で待機してやり過ごさなければいけません。
対向車がなければ、進路変更し障害物をよけますが、間隔は50センチから1mですので、中央線をまたぎますが、左の車輪が中央線を超えると、離れすぎですので、中央線を踏まないよう、中央線と障害物の間に左後輪を通過させたらほぼクリアできると思います。

ここをクリアすると加速しながら、S字へ進入するため左へ寄ります。
障害を避けて元の車線に戻る前には、もちろん左の後方確認が必要です。
画像⑳
AS01M_20171011_122308_R.jpg
そして、この時に合わせて左へ寄せます。但し、あまり寄せすぎるとS字に入れませんので路側帯の消えかかった線を踏む程度に寄せます。(通常であれば左折する時は路側帯の線より内側です)
画像のように線は消えかかってますが、ちょうどアスファルトの境目と思っていればよいと思います。

しっかり加速しながらS字の前で減速します。ここもちゃんと加速しないと加速不良をとられます。
加減速しながら、右振出のミラー、目視確認、左の巻き込みの後方窓、ミラー、ドアの小窓確認をして減速左折と忙しいです。更に左に寄せすぎるとS字が苦しくなるし、ココは忙しいです。

画像㉑
AS01M_20171011_122344_R.jpg
S字に入りますが、左折で進入しすぐ右カーブのSになりますから、ここはコツが必要です。
入口の幅が狭いので左へ寄せすぎると入りません。
ゆっくりS字の入り口に接近しますが
1.png
矢印の飛び出してる部分が、運転席のダッシュボードの
pursuit_photo_main.jpg
赤線の部分に来たらハンドルを一気に目一杯左に切ると、ちょうど右タイヤが縁石から10センチくらいのところをちょうどよく左折できます。
右前の車輪の位置をよく見ながら、右にハンドルを戻したりして微調整し、とにかくヘッドを奥まで突っ込みます。
もちろん左の後輪もミラーでよく見てあげる必要があります。
また、左後輪を見ながら、ヘッドを思い切り左に向け、ヘッドの頭の位置をアンダーミラーで見ながら、頭の左前を見てぎりぎりまで左に突っ込んで進入しないと、右の後ろがS字の中で当たってしまいます。
進入する時に、左に思いっきり寄せてあげると、苦労せずにS字を通過できます。
こんな感じですね。
1.png
思い切り頭を突っ込んで右前輪を頂点で縁石ギリギリになるようにもって行きます。そうすると左の後輪は割と余裕で回れます。画像は余裕じゃありませんが…。ここで頂点に行くまでにハンドルをうまく調整し、ぎりぎりにしましょう。
2.png
頂点をギリギリに通過したら左に目一杯切ります。
3.png
ヘッドが90度曲がっても、更に左に切って頭を振ります。
4.png
左の頭が縁石ギリギリになれば、左の頭を縁石に沿わせて回るようにすれば、右後輪もスムースに行きます。
こんな感じですね。
S字では、右旋回中はヘッドは左頭はアンダーミラーで見えます。右後輪は右ミラーで見えます。
左旋回中は足元ですからある程度感覚で行けますし、不安であれば窓開けて首出せば見えます。(左折進入時に頭をギリギリに持って行くときは私も窓を開けて顔をだして確認しました。これは当たらないのもギリギリなのもわかってるけど、試験官はわかってやってるか、たまたまかわからないので、わかってやってるよのアピールでやりました。但し右前ばかり見てると左の後ろの確認がおろそかになるので、右前とミラーで左後ろを交互に見ながら進む必要があります)そして、左の後ろは左のミラーで見えますから、注意して回ればS字で脱輪や接輪することはありません。

S字を出たら右折し再び外周に出ますが、頭をしっかり出して右折しないと、右後輪が当たるといけませんから注意しましょう。なお、当然ですが右折ですので、左振出、右巻き込みの確認が必要です。

外周に出る時は前方優先道路ですので左右、特に右後ろの確認が必要ですし、その前に、右振出、左巻き込みの確認も必要ですよ。

外周に出たらすぐに左折します。
画像㉒
AS01M_20171011_122449_R.jpg
ここのカーブに入る前にも再度右振出、左巻き込みの確認を行いますが、ココは最初のカーブと、次のカーブの半径が違いますので、注意して左後輪を縁石とアスファルトの境目を通す必要があります。
ここまでくればゴールはすぐ。

後の注意点は2つです。
信号のある筋に入ったら、これまたすぐに左折しますから左に沿わせ、路肩に入って入り、最初の交差点を左折します。(もちろん、左折前には確認してくださいね)
左折したらすぐ見通しの悪いT字路があります。
ここがポイントで、見通しは悪いですが、こちらは直線ですのでこちらが優先と勘違いしがちですが、こちらが直線でもT字路内には中央線が消されてます。

ですから、左折したらすぐに、次は右折するので中央線に寄せ(但し、絶対に中央線は踏んではいけません)
右合図を出した後で、最徐行で見通しの悪い交差点に進入します。
もし、左から車が来たら左方優先に加え、隣は普通車のコースで普通車が出てきますから、弱者優先で左からの車を優先させます。
ただ、停まっただけではにらめっこになりますから、必ず手でどうぞのアクションをして普通車を先行させましょう。ここで、お互いにらめっこでまごつくと減点されます。
ここの、徐行をせずに直線路を突っ切って減点になる人多いです。

見通しの悪い交差点を過ぎたら、いよいよ外周を右折して発着点に戻ります。
右折後は、左に曲がり発着点に戻りますので第一通行帯を左によって走りますが、この時路側帯の線は絶対に踏んではいけません。(脱輪になります)
ですから、右折する時にヘッドの左前輪に注意し、走行時も後輪で踏まないよう注意が必要です。
更に、左折する時は、左側は歩道ではありませんので一時停止は必要ありませんが、徐行が必要です。

最初の試験開始前、試験官が牽引車で外周を一周して発着点につける時を見ておいていただけたらわかりますが、外周を出る時は止まれるぐらいの最徐行したうえで路側帯をまたいでください。
尚、この時は左折ですから左合図、右振出確認、左巻き込み確認が必要です。
画像㉑
AS01M_20171011_122308_R21.jpg

発着点に入ったら、左から車が来ないか確認したうえで、発着点の奥まで進みます。
右合図を出して右折し発着点に入り、左合図を出して発着点に停めます。
この時は、発着点の縁石から30センチ以内に停める必要がありますから、発着点の白線を踏むと間違いないですから、それを目安に停めましょう。もちろん真っ直ぐにです。
また、発着点の棒とヘッドの先端を揃えて、棒から±30センチのところに停めなくてはいけません。
よく、ミラーの先端と間違える方がいますが、フロントガラスの延長上のヘッドの先端です。
これは発着点の棒が窓のピラーで隠れるか、少しピラーの手前に棒が出てきたところで停めるとほぼ一直線になります。

運転終了後はサイドブレーキを引いて、ブレーキとクラッチを踏んで右手はハンドル持ったままギアをバックに入れて、今度は手を持ち替えてハンドルを左手でちゃんと持ったまま、エンジンキーをオフにします。ちゃんとエンジンが切れてからクラッチから足を外します。

運転終了後は車内で試験官の講評(ワンポイントアドバイス)を聞きます。
今回はアドバイスはなく、方向変換も安定性がありとてもよかったし、S字の入り方は、ここは狭くて難しく苦労する人が多いですが、ちゃんと左に寄ってキチンとスムースに入り秀逸でした!と一言だけ言われ、職業は指導員(自動車学校指導員)ですか?と聞かれました。
私の職業は全然違うので、ちゃんと職業を告げたところ、どこで練習を?と聞かれたので、指定前教習を受けてましたと話したら、納得されていたようでした。

そんなこんなで、その場で合否は言われませんでしたが、合格を確信し下車します。

採点は実は下車終了まで見られます。ドアロックを外し、後方を確認し少しドアを開け、顔出して後方を確認しドアを開け下車します。エチケットとして、ドアロックを外す前にシートを一番後ろに下げておくとよいですね。
車から降りて、ドアを閉めたら完了です。
ただ、僕の時は試験官、ワンポイントアドバイスの後、私が降りるのに確認しようとしたらもう降り始めてました。なので、おそらく試験官は私が後方確認してるのを見て無かったです。

試験終了後は結果を待つだけですが、一緒に午後から実技を受験している大型二種、中型1種、普通1種、普通仮免、大型自動二輪、普通自動二輪小型限定の試験が終わるまで発表されません。
大型や普通は路上があるので戻ってくるのに時間がかかりますし、普通免許は受験者が多いので自分の試験が済んで1時間半ぐらい待たされました。

試験発表の前に館内放送でまもなく発表しますと案内があり、受験者が電光掲示板の前に集まります。
AS01M_20171011_145110_R.jpg
表示にも、間もなく・・・と表示が出ます。
その後…
AS01M_20171011_145149_R.jpg
電光掲示板に表示されました!
私の受験番号は 521 番
AS01M_20171011_145224_R.jpg
何とか、運転免許1発受験1回合格記録更新です!

この日の合格者はわずか3名。多くの人が落胆し帰っていきます。
昔はよくテレビで宣伝してた地元の教習所 ニューチーム〇〇の社長さんがいつも試験場うろついてまして、この日も、試験場を見下ろす見学場所にも、合格発表の掲示板にもいらっしゃいました!
この時、スゲーぇ、牽引二種に受かってる人がいるぅ、って声が数人から聞かれ、ちょっと照れくさいけど、優越感でした!

合格後は呼ばれた窓口でIC免許証の暗証番号を記入し、しばらく待ったのち、写真撮影をし、免許の交付を待ちます。
この時受験票には合格印が押されてます
AS01M_20171011_151013_R.jpg
受験票の裏の受取に署名捺印し、免許書の発行手数料1050円を払い免許証をもらい終了です。
AS01M_20171011_151345_R.jpg

かかった費用は 受験料 2,950円(牽引と大特はなぜか安い) 貸車料1,550円 免許証発行手数料 2,050円でした。受験料は普通1種は2,200円 けん引と大特以外の2種は4,550円

しかし、残念なことは免許証の免許の種類欄に けん引 の文字があったのがなくなりました!
AS01M_20171011_142625_R.jpg
更に、けん引Ⅱ種の表示が欲しかったのですが…
旧免許の け引 に け引二 が加わると思ったら
 引・引二 の訳わからん表示になりました…。トホホ
11.jpg
次は何の免許受けようかな?この勢いで大型二種の一発試験に行こうかな?
それともフルビットめざし、大特2種行こうかな?
あ、小特持ってないしもう無理かぁ

試験場での直接試験、いろいろハードルは高いですがその分運転上手じゃないと合格できませんので、運転練習をきっちりしたい人にはお勧めです。

しばらく続きましたが免許取得記事はこれで終了です。

カープ、本日CSタイになりました。
興業的にオーナーにやさしいのか、ひやひやさせます。1507376171199.jpg
nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:自動車

けん引二種免許取得記③ 広島運転免許試験場の巻 一発受験の方必見 [日記]

再び コースの案内です。
初めてこの記事にアクセスされた方の為に
その①
http://kon-diet.blog.so-net.ne.jp/2017-10-12
その②
http://kon-diet.blog.so-net.ne.jp/2017-10-14
はコチラ

さて、コースに戻りましょう
画像位置の確認のためコース図貼っておきます。
AS01M_20170815_104259_R.jpg
踏切を通過し右折し、信号に向かいます。
画像④
AS01M_20171011_120658_R.jpg
右折したらすぐの右折ですから第2通行帯の右折レーンに直接入ります。
信号を右折しますが、運転試験場での大敵がこの信号。黄色に変わるタイミングだと非常に悩ましいです。

広島試験場の場合、歩行者信号が点滅するとすぐに赤に変わるのでそれが目安ですね。
スムースな加減速が必要ですが、歩行者用信号が点滅してる時は加速を抑えて信号で止まるか、逆に点滅始まったばかりならさっさと加速し行ってしまうかですね。
止まるときは停止線の手前で止まりますが、黄色であわてて止まった場合で飛び出したら、バックして停止線まで戻る必要があります。
まぁ、基本的にそうならない様にうまく調節しましょう。そのためには試験前の1時間の歩行時間に信号の変わるタイミングを把握しておくとよいです。

右折は交差点中心のマークに沿って曲がりますが、その前に交差点に入る車一台分手前迄に左ミラーと直視での振出確認、右ミラーと目視での巻き込み確認が必要です。
また交差点ですから、こちらが青でも左右の確認が必要ですから、確認してますよ!ってことをアピールするため、首を左右に振って確認してから交差点に進入し右折します。

画像⑥
AS01M_20171011_120718_R.jpg
右折後はオレンジの矢印の方向変換コースにすぐに入ります。
右折は、交差点の中心まで誘導線の間を進み中央に沿って右折です。

また、右折後はすぐに左折し方向変換コースに入りますから、右折しながら
①右振出、ミラーと目視での確認
②左巻き込み、ミラーと後方窓からの目視、ドアの小窓での確認
左前先端およびタイヤの確認をしながらの右折、すぐの左折が必要です。

曲がったら矢印を左折です。
画像⑨
AS01M_20171011_120739_R.jpg
こういう時は確認が漏れないようにしましょう。そして、左に突っ込むので右折の時の左の頭と、左折する時の後輪の接触に注意。
しかし、二種免許チェックの要は安定した左折にあります。
左折時は縁石から50センチ以内を後輪が通過する必要があります。左折の開始時から曲がり終わるまで等間隔を維持し回ることが重要です。コレがきちんとすべてのコーナーでできてると車両のコントロールが出来ている証ですので試験官の心証が良くなります。逆にばらばらだと通りません。一つのコーナーで最初から最後まで等間隔はもちろん、すべてのコーナーで同じ距離を保つことに留意しましょう。
私は縁石の白とアスファルトの黒の境目にタイヤを添わせて走りましたが、試験場の縁石の白い部分は狭いので、境目から10センチ程度でも構いません。縁石の白い部分の2倍以内が目安ですね。

さて、首尾よく左折し、方向変換コースに入った後は、後退箇所(車庫内)に何もないか、目視での確認が必要です。
画像⑦
AS01M_20171011_120832_R.jpg
ここを通過する時、スピードゆるめて右を見て確認します。わざわざ顔を動かさなくても見えるのですが、試験官に見てますよってことをアピールするため、右に頭を振ります。私は「ヨシッ」と声を出しました。
そして、今からここへ入れてやります。

方向変換は、広いところでやるなら少々トレーラーのヘッドが降っても良いので、トレーラーの後端が車庫を過ぎてすぐに止めてでよいのですが、試験コースは幅が限られるのでハンドルでトレーラーを曲げるスタイルの後退ができません。
なので画像の線のところまでは、最低でも進んで止まるようにして、きっかけハンドルのみでトレーラーを押しながら自然に少しずつ曲げないと車庫入れは無理だと思います。
画像⑦
AS01M_20171011_120840_R.jpg
止まる位置はこのあたりかなぁ
AS01M_20171011_120957_R.jpg
ここで止まったら、ミラーと目視両方で左右確認し後退を始めます。

画像⑧
AS01M_20171011_120944_R.jpg
矢印のように進みます。

牽引車のバックは逆ハンドルを切ることになります。
今回の様な、右側の車庫に入れるようなケースでは、ハンドルは左に切ります。
コチラの記事もご覧ください
http://kon-diet.blog.so-net.ne.jp/2017-08-03

方向変換では、左にハンドルを少し切り、トレーラーが折れるきっかけを作りながらバックします。
実はどのくらいって目安もあるのですが、それを言うと自動車学校に行く人がいなくなるので、営業妨害になるので記載しません。
実際、自動車学校を12時間で卒業できる理由は、ハイここで止まって、そこでハンドルを何回転回し後退し、次にここでハンドル戻して!とかここでいっぱいに切って!とか教えてくれるので、同じ車で同じ場所ならきちんと車庫に入り方向変換できるんですね。
全く実用的ではありませんが…。
しかし、現実はそうなんです。どの車でもできるように仕上げる考えは全くないし、そもそもそんなことできないと諦めてます。まぁ確かにけん引の場合はそうなんですが。理想通りの教習をしようと思うとバックだけで数十時間教習しないと無理ですし。
私も、クランクやS字をバックで通過できるようになりましたがかなり乗りましたから…。
なので、遊びでやった縦列駐車1回でばちっと入れることが出来ましたし、その後何回もやりましたがすべて1回でやりなおしをせずに成功させました。
(ちなみに、普通の指定前教習ではクランクやS字をバックしたりとか、縦列駐車なんてやりませんが、私はたまたまよく教えていただいた先生が半分お遊びでやらせてくれたので…)
クランクやS字のバック、トラックや乗用車ならミラーで見えるから簡単ですが、けん引は折れるのでミラーで見えなくなりますし、ハンドル切ってトレーラーが折れるまでに時差があるし、特にクランクやSの場合、反対側に荷台が曲がるためには同じ方向にハンドル切り続けて、折れてるトレーラーの折れをだんだんゆるめて、一度トレーラーとヘッドを真っ直ぐにして、そのままハンドルを切続けてトレーラーを反対に折る必要があります。
なかなか、文字にすると難しいのですが…。だからクランクやSなど反対方向への切替しが必要なバックは非常に難易度が高いです。但し、これができると車を自由に操ることが出来ます。

話を戻して、狭い場所で方向変換する場合は、バックする時にハンドル切る量を少しに抑え、バックしてトレーラーを押すことで自然にトレーラーを曲げないと、外側になるトレーラーの前輪が縁石にあたっちゃいます。
広ければ、ハンドルを反対に思いっきり切れば、少し下がるだけでハンドル操作でトレーラーを曲げることが出来ますが、試験コースじゃ無理です。延ばす時(真っ直ぐにするとき)はハンドル切って延ばしますが…。
ですから、前にしっかり出て、すこーしハンドル切ってしっかりバックします。その時右車庫入れなら、目視とミラーでタイヤの位置と角度、荷台の角度を見て、トレーラーの進む方向、タイヤの位置を調整する必要があります。それでヘッドをほぼ進入路に対し真っ直ぐに維持したまま、トレーラーを曲げて入れてやります。(車庫に近づいても曲げ角が足らなければやむを得なくハンドルで折りますが…。)
そして、最後に曲がっている車体を伸ばす(まっすぐする)ため、曲がってる方に目いっぱいハンドルを切って真っ直ぐにします。
自動車学校の指導員の方向変換のYOUTUBE画像です。ヘッドをほとんど曲げずに車庫に入れてますよね・。

通常、もっと車庫側に車を寄せて車庫に入れますが、この動画はかなり車庫側の縁石から離れて停車し車庫入れしています。ハンドルで曲げてないから頭が脱輪せずに入ってますが、牽引自動車の特性を把握した上でテクニックがないとこんなの無理なんです。車庫入る前にようやく頭振ってるでしょ?それまでは自然に折るだけ。普通に車庫入れの基本ですね。
前後が狭いとこで左右に余裕有ればハンドルで折ればよいですがね、

と、言うことで車庫に入れますが、車庫に入るとトレーラーとヘッドを真っ直ぐにして停止し、サイドブレーキを引き試験官に「完了しました」と報告が必要です。
OKなら試験官が「はいOKです」と言ってくれます。ダメだったらやり直しを指示されるそうです。
1回の切替しまでは減点なし。2回目は1回目に遡り減点、3回で入ればOKですが、3回で入らない場合は通過不能として試験が中止になります。
また、切り返しをする際は、前に出る時も、下がり始める時も両方ともミラーと目視での左右と後方確認が必要です。忘れると切り返しの減点に加え、確認なしの減点をとられ、方向変換でアウトになってしまいます。
また、1種は車庫にさえ入り、トレーラーとヘッドが一直線になればよいですが、2種の場合車庫と平行に入れてヘッドとトレーラーを真っ直ぐにする必要があります。
わたし、しっかり演習してますし、2種の時は緊張もしなかったので1発で真っ直ぐ真ん中に入りました。
ちなみに、方向変換ですので来た方向へ出る必要がありますが、車庫に入れる際に切り遅れや戻し遅れで流れて出る方向ギリギリに入った場合…。
トラックやバスなら平行移動して真ん中あたりに移動しないと脱出が出来ませんが、牽引車の場合、しっかりバックし車庫に入れておけば、一度反対方向にハンドルを切り頭を振って曲がれば十分に出ることが可能です。牽引車の特性ですね。ですから寄り過ぎたらしっかり後ろまで下がりましょう。

と、言うことで3コースの場合、車庫に入りサイドブレーキを引き完了を申告しOKでたら、左合図をだし左右、巻きこみ確認して左折しコースに戻ります。

コースから出たら左折し、すぐに右折して外周に出ます。
画像⑨
AS01M_20171011_121045_R.jpg
この時も確認が忙しいですね!
方向変換コースから左に出ますから、コースを出る前に右振出と左巻き込みをミラー、目視で確認します。尚、変換コースからの左折は、一方通行路を走るときと同じ要領でコースの右を走ってもOKですので右側を走ります。
コース出てすぐ右折しますから、左折後は画像⑨の矢印の通り第二通行帯にダイレクトに入ります。この時もヘッドが中央線を越えないように注意しましょう。
そして、右折して外周に出ますが、その前に左振出、右巻き込みをミラーと目視で確認し右折です。
右折の時は交差点の三角のマークに沿って右折し、この場合も外周を4分の1周したら右折するので、第二通行帯(3車線あるうちのまんなか)に入り一旦加速します。加速と同時に右折のための車線変更を行うため、ルームミラーで確認の後、車線変更3秒前に右合図、コーナー手前カーブの標識までに標識記載の安全速度30キロに減速すると同時に、ルームミラーと右側をミラー、目視で確認し第3通行帯(右端)に車線変更します。特に二種の場合はスムースな運転と変更が求められますので、カーブをうまく利用し車線変更しましょう。
画像⑩
AS01M_20171011_121216_R.jpg
但し、右折するところから30メートル手前迄には車線変更が必要ですので、カーブが終わる前に変更を完了させてください。
そして、再び左振出のミラー、目視。ルームミラー、右巻き込みのミラー、目視の確認を行い右折し中央の直線に入ります。
画像⑪
AS01M_20171011_121253_R.jpg
曲がったら、今度はすぐに左折しますから、ボディを最初から左に寄せておきます。
外周路からの右折進入時は左のミラーで頭の位置もきちんと見てるよ!をアピールしながら回ってくださいね!(見続けちゃ前方不注意になるからいけませんが)
曲がった位置は、先ほども書いたように左に寄せた位置。道路の路側帯の白線を踏むか、少しだけ白線より左側です。
画像⑫
AS01M_20171011_121317_R.jpg
みんな踏んでるので白線が消えかかっています。万が一寄せられない場合、進路変更しよせて、左折の作業が必要ですが、そんな長さありませんから、最初から左にきちんと寄せましょう。
ここも、曲がり始める車一台分手前までに、右ミラー、後方目視の振出確認、左ミラー、後方窓の目視、ドア小窓の目視による巻き込み確認の上、縁石との境界部分に沿わせて左折します。左折後もすぐに左折しますからかなり忙しいです。
画像⑬
AS01M_20171011_121349_R.jpg
もう一度左折ですから、先ほどと同様な安全確認がもう一度必要ですし、左折、左折で続く場合注意が必要なのは、左後輪が膨らまないことですね。
縁石とアスファルトの境界を上手に踏ませて、左折、左折を完了させます。
この時の走行スピードは交差点ないですから徐行ですので、しっかり落としてください。スピードを落とせば縁石から同じ間隔を維持して左折することはそんなに難しくありません。
左折が完了したら次は止まれで一時停止したうえで右折になります。
画像⑭
AS01M_20171011_121421_R.jpg

この時の右折は止まれで止まりますから、止まってからの安全確認で構いません。
但し、左折後すぐの右折なので、左折後の車体を中央線に寄せておくことが必要です。その一方で中央線を踏むと反対通行で即アウトになりますから、ココも慎重さが求められます。
更に、左折が完了したら一度加速し、スムーズにポンピングブレーキでカックンならずに停車しないといけません。
すぐ止まれだから加速せずにだらだら行くと加速不良で減点になりますよ!
そして営業車ですからスムースなブレーキングが求められます。

ここの止まれで止まると、左振出、右巻き込み確認の後、前方優先道路ですから左右の確認し右折を開始しますが、特に左の発着点方向から車が来ないか、見えなく位ですが体を動かしてしっかり確認が必要です。
私の場合、自分が曲がってきたコース(一つ手前のT字)を左折するバスが第三通行帯を走って来ました。
曲がることがわかっていても、進路妨害は減点ですし、危険行為はアウトですから、相手が方向指示器を出していても曲がり始めるか、手で譲る合図をしない限り出ちゃいけません。
また、交差点ですから徐行しながら右折し外周道路へ入ることになります。
外周に入るときはもちろん第一通行帯(左端のレーン)に入ります。
前回、1種免許の時はここでの加速が早すぎると指摘されました。また、右折して本線に入っても、このカーブの安全速度は30キロですから、これを超えないように緩やかにスピードを抑えて曲がることが必要です。
また、大型持ってる人は平気でしょうが、外周のコーナーのカーブを走っているときに右後輪がセンターラインを踏まないように、左前輪も路側帯の線を踏まないように注意が必要です。

長くなるので、これまた次回へ続きます…。

nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:自動車